アジングタックルでの『大型ゲスト』対応術 浮いたらドラグは弛めよう

アジングタックルでの『大型ゲスト』対応術 浮いたらドラグは弛めよう

大阪南港でライトゲームをしていると、たまに大型ゲストが襲来する。正体はチヌ(クロダイ)にシーバスだ。アジ・メバル共に、キワがポイントになる日では、釣り分けることができない。今回は、ライトタックルで大型ゲストとやり取りするコツを紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

アジングゲームの大型ゲスト

アジングでは1.5~2inch程度のワームを使う。このワームを、シラスとでも思うのだろう。マイクロベイトパターンというものでもなく、特にチヌは悪食で年中小魚を追いかけ回している。

シーバスはもう少しシーズナルパターン寄りで、冬のマイクロベイトパターン時、体力温存しながらラクに食える2inch前後のアジングワームに反応がいい。その分、春のバチ抜けパターン時には若干止まる。それこそ、ワームに反応してもよさそうなものだが。

アジングタックルでの『大型ゲスト』対応術 浮いたらドラグは弛めよう今年の初アジングでの1匹目は68cmシーバス(提供:WEBライター・井上海生)

しかもアジングの外道で襲来するこの貪欲な魚たちは、またサイズがデカい。釣り人が汚染を気にして食べようとせず、リリースするからだろう。それでサイズがどんどん伸びる、という道理。

私ももちろん、陸に上げるところまではするが、記念撮影してすぐ放す。結果として、他のエリアで専門的に狙ってもなかなか出せないという、年無しチヌが出たりする。特に今年は海水温が高いせいか、本チヌ、キビレ共に45cm級は頻発している。

大型ゲスト対応アジングタックル

足場の良い波止ならば、ロッドは6.4ft前後。リールは1000番から2000番。まあ近年の主流からいえば若干ロッドは長めだが、普通のアジングタックル、である。

アジングタックルでの『大型ゲスト』対応術 浮いたらドラグは弛めよういつものアジングタックル6.4ft・1000番(提供:WEBライター・井上海生)

一つ大事なことがある。望ましい条件として、「ロッドのティップは軟らかめ」、これがそのまま大型魚への対応力になる。パワフルな動きをサオで吸収させれば、猛烈な突っ込みにも耐える。

高弾性ソリッド、いわゆるパッツン系ロッドで大型の魚を掛けると、特にエステルライン使用時、トップガイドあたりでよく切れる。張力限界なので、これは仕方ない。軟らかめのアジングロッドならば、ドラグとティップで魚の勢いを吸収しながら、釣り人:魚、4:6くらいの条件でやり取りできる。

ドラグの設定も、アジングと同じでOK。確実にハリ掛かりしているとわかってから、軽く締めて、あえて魚に主導権を与えてファイトする。時間をかけて取りこもう。華奢なタックルが悲鳴を上げる、スリリングなひと時だ。

追いアワセを入れよう

小物でもパワー勝負は禁物だ。一方的に魚をのしてしまおうとせず、先述の通り、ドラグとサオの軟らかさで動きを吸収し、じわじわと弱らせ、上げてくる。引いているときは引かせておき、ラインテンションは保ちつつ、魚が出ていく方向にサオを向けておいてやる。

バラさないコツは、魚を掛けてサオの力の制御内においてから、ハリのかえしまでフッキングさせる「追いアワセ」を入れること。

浮かせたらドラグ緩める

完全に浮かせて取り込む前には、ドラグを緩め、不意に暴れても外れないように注意する。ロッドとラインの角度が90度以下になるときにドラグはもっとも効きにくくなるので、寄せてきたときこそ緩めることを忘れてはいけない。

アジングタックルでの『大型ゲスト』対応術 浮いたらドラグは弛めよう取り込んでしまえばゆっくり写真を撮れる(提供:WEBライター・井上海生)

取り込みまで、合計5~10分、それくらいの時間をかけてファイトする。先日、私はなんてことない40cm級のキビレも、ランディングまで10分かかった。これはハリの掛かりどころだが、猛烈な引きには痺れた。しかし、いわばそのような悪条件で獲れたということは、自信につながる。

再現性のある大物外道獲りを続けるうちに、リーダーが短いために身体で擦られて切れるミスや、ハリを曲げられることもなくなってきた。ほとんど無傷でリグが戻ってくると、「俺も上達したんだ」と思うことができて、そこに満足感を覚える。

次のページでファイト後の注意点を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。