【カヤックフィッシング入門】釣行道具とあると便利なアイテムを紹介

【カヤックフィッシング入門】釣行道具とあると便利なアイテムを紹介

初心者に向けて紹介してきたカヤックフィッシングの基本。3回目となる今回は最終回。いよいよ実釣に必要になる「釣り具」について説明しよう。

関連記事:【カヤックフィッシング入門】本体&付属品の選び方 車載運搬方法も解説

関連記事:【カヤックフィッシング入門】命を守る釣行グッズと基本の海上ルール

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・鵜殿順一)

TSURINEWS編集部

船釣り シーカヤック

まずターゲットを決めよう

どんな魚を狙うかによって異なるが、初心者がいきなり「水深200mを攻める」というわけにはいかない。まずは、陸から近い釣り物で考えよう。エサ釣りならシロギスやマゴチなどが好ターゲットだ。

使用する釣具類

まず使用するタックル類を紹介しよう。

タックル

扱いやすい長さは1.5~1.8mほど。ひとつテンヤなどの場合はもう少し長くてもいい。リールはスピニング、両軸どちらでも可。

私はいろいろな釣り方をするので、鯛ラバ用のタックルをメインに使っている。カワハギやキス、メバルにアジなど、使用するオモリが25号程度の釣りには流用できる。

ランディングネット

必須アイテム。ラバータイプがお勧め。

シーアンカー

これを上手く使って風に抵抗する。狙ったポイントで止まれるので思い通りの釣りが可能になる。

【カヤックフィッシング入門】釣行道具とあると便利なアイテムを紹介シーアンカーで釣りの幅が広がる(提供:週刊つりニュース関東版 APC・鵜殿順一)

その他必要な道具

その他、釣りをする上で必要な道具類を紹介しよう。

尻手ロープ

竿とネットには必ず、尻手ベルトとドローコード(尻手ロープ・ワイヤー)を付けておく。

【カヤックフィッシング入門】釣行道具とあると便利なアイテムを紹介尻手ロープは必ず付ける(提供:週刊つりニュース関東版 APC・鵜殿順一)

防水パック

エサ釣り、ルアー釣りどちらもカヤックに積める釣り具の量はそれほど多くない。しかも、甲板面には水が入ってくる。仕掛け類は防水パックに入れておくように。

小物類

プライヤー、ハサミなどはポケットに入れておくか、コードでつないでおくといい。フィッシュグリップもあるとハリを外すときやリリース、魚をクーラーに入れるときに便利。

次のページでクーラーと魚群探知機について解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。