簡単に出来るイカの捌き方 自宅で作れる『沖漬け』レシピも併せて紹介

簡単に出来るイカの捌き方 自宅で作れる『沖漬け』レシピも併せて紹介

釣って楽しく食べて美味しいイカ釣りですが、持ち帰ったイカは自分で捌いていますか?私は今では便利グッズを使って楽々と捌いています。そんなイカの捌き方、今回はケンサキイカを使ってご紹介。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・shinchan)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 レシピ

イカを捌く道具

まず捌くために必要なものを用意します。

・キッチンペーパー
・手ぬぐい
・キッチンバサミ
・出刃包丁
・ネギカッター
・まな板
・まな板カバー
・使い捨てビニール手袋

簡単に出来るイカの捌き方 自宅で作れる『沖漬け』レシピも併せて紹介使用する道具(提供:WEBライター・shinchan)

イカを捌く手順

まずまな板と手がイカ墨で汚れないようにまな板カバーを敷き、使い捨てビニール手袋を装着します。

1.キッチンバサミで切り開く

イカの背中を上にしてまな板に置きます。胴の部分の丁度真中から頭にかけてキッチンバサミで切り、開きます。

簡単に出来るイカの捌き方 自宅で作れる『沖漬け』レシピも併せて紹介キッチンバサミで切り開く(提供:WEBライター・shinchan)

2.内臓を剥がす

開いたらゲソの付け根を持ち内蔵を剥がします。この時墨袋を破かないように注意してください。

簡単に出来るイカの捌き方 自宅で作れる『沖漬け』レシピも併せて紹介内臓をはがす(提供:WEBライター・shinchan)

3.不要部分を切り落とす

内蔵を綺麗に剥がしたら不要部分を切り落とします。

簡単に出来るイカの捌き方 自宅で作れる『沖漬け』レシピも併せて紹介不要な部分を切り落とす(提供:WEBライター・shinchan)

4.エンペラと胴を分ける

次にエンペラと胴に分けます。胴の内蔵側を下にして頭の尖った部分の皮と身の間に指を入れて皮を剥がします。

簡単に出来るイカの捌き方 自宅で作れる『沖漬け』レシピも併せて紹介エンペラと胴を分ける(提供:WEBライター・shinchan)

綺麗に剥がれましたね。胴と目からゲソの部分に分けることが出来ました。

簡単に出来るイカの捌き方 自宅で作れる『沖漬け』レシピも併せて紹介部位ごとに分けた状態(提供:WEBライター・shinchan)

5.薄皮を剥ぐ

胴部分はキッチンペーパーや手ぬぐいで薄皮や内蔵の残り等を綺麗に拭きながら仕上げていきます。薄皮はつまむようにすれば綺麗に取れます。この時アニサキス等がいないか念の為に確認してください。

簡単に出来るイカの捌き方 自宅で作れる『沖漬け』レシピも併せて紹介胴の薄皮を剥ぐ(提供:WEBライター・shinchan)

6.トンビを取る

次にゲソと頭を切り離し、くちばしにあたるトンビを取り出します。目の部分に包丁を入れ切り離し、ゲソの付け根部分を押すとトンビが出てきます。

簡単に出来るイカの捌き方 自宅で作れる『沖漬け』レシピも併せて紹介トンビを取る(提供:WEBライター・shinchan)

7.仕上げ

最後にエンペラと皮を切り離します。エンペラ部分は内側の硬い部分に包丁を入れて切り落とします。これで捌く作業は完了です。

飾り包丁にはネギカッター

簡単に出来るイカの捌き方 自宅で作れる『沖漬け』レシピも併せて紹介ネギカッターで飾り包丁を入れる(提供:WEBライター・shinchan)

胴の部分はお刺身、ゲソやエンペラ、トンビはボイルしたり沖漬けにも最適です。お刺身にする時に使う便利グッズがネギカッターです。イカは醤油の染み込みが良くなるように飾り包丁を入れますが、包丁のかわりにネギカッターを使うと包丁が苦手の方でも綺麗に入れることが出来ます。

簡単に出来るイカの捌き方 自宅で作れる『沖漬け』レシピも併せて紹介お刺身の完成(提供:WEBライター・shinchan)

次のページで自宅で作る沖漬けレシピを紹介!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。