人生最高フィッシング:村越正海 狩野川ルアーシーバスに思いを馳せる

人生最高フィッシング:村越正海 狩野川ルアーシーバスに思いを馳せる

村越正海さんの「人生最髙フィッシング」。思い出深い釣りを振り返ってもらいながら、それを通して学んだことや魅力について語ってもらった。

(アイキャッチ画像提供:村越正海)

TSURINEWS編集部

その他 インタビュー

釣りライターとしてのキャリア

1979~80年ごろの大学生時代に静岡・狩野川河口のシーバス釣りに明け暮れました。そのころから「週刊つりニュース」でAPCとして執筆を開始。釣りライターとしてのキャリアがスタートしました。

人生最高フィッシング:村越正海 狩野川ルアーシーバスに思いを馳せる当時週刊つりニュースに掲載された記事(提供:週刊つりニュース関東版編集部)

狩野川のルアーシーバス

当時、海のルアー釣りの情報は皆無。地元のサーフでは、磯竿や投げ竿を使って飛ばしウキなどを介してルアーを投げるようなスタイルが一般的でした。

ルアー釣り自体は、ブラックバスやトラウトで経験はしていましたが、飛ばしウキなどを使ったスタイルは「ルアー釣り」といえるものではなかったと思います。

そこで、狩野川に出かけたところ、地元の釣り人がルアー単体をキャストしてシーバスを狙っている。そこで、やってみたところ、これがハマりました。

人生最高フィッシング:村越正海 狩野川ルアーシーバスに思いを馳せる狩野川港大橋手前(提供:村越正海)

年間150日は立ち込んでいましたね。情報は少なく、周辺の釣り人と情報交換することで釣れ始めました。

人生最高フィッシング:村越正海 狩野川ルアーシーバスに思いを馳せる港大橋より下流を望む(提供:村越正海)

次のページで当時のタックル&ルアーを紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。