フカセ釣り入門はお金がかかる? 必要な道具とその予算を一挙公開

フカセ釣り入門はお金がかかる? 必要な道具とその予算を一挙公開

フカセ釣りはやってみたいけれど何を準備すればいいのか分からない、どれくらいの費用が掛かるのか知りたいという人も多いと思います。今回はこの釣りに精通した筆者がそんな疑問にお答えします。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷脇英二郎)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

フカセ釣りのタックル

フカセ釣りは数ある釣りのジャンルの中でも特に必要道具が多く、それぞれ費用もかかるので少し入門するにはハードルが高く感じる方も多いでしょう。また、フカセ釣りやってみたいけど何を買い揃えたらいいのかわからない……なんて方もいると思います。

確かにイニシャルコストは他ジャンルより少しかかるかもしれませんが、一度道具を揃えてしまえればずっと使えるのでランニングコストはそこまで掛からず、他ジャンルの釣りとあまりかわらないのでは?と思います。今回はフカセ釣りの入門に必要な最低限の道具を紹介したいと思います。

フカセ釣り入門はお金がかかる? 必要な道具とその予算を一挙公開強烈なグレの引きを堪能しよう!(提供:WEBライター・谷脇英二郎)

ロッド

フカセ釣り師の多くは磯ザオの5m前後を使用しており、値段もピンキリなのですが、安価なものは3000円程度で販売されています。値段により何が違うのかというと、サオを伸ばした時の持ち重りや使用カーボンランクによるサオの腰の強さの差です。3万前後のサオを買えば十分通用するので、予算に合わせて選ぶとよいと思います。

リール

リールは3000番程度のレバーブレーキ付スピニングリールが主流です。レバーブレーキ機能はある程度精通するば必要と感じてきますが、レバーブレーキがなくても釣りができますので、最初は普通のスピニングリールでもいいでしょう。

リールもピンキリで高価なリールは軽量化やハンドル回転の軽さ、ライントラブル軽減といった技術が施されていますが、入門では5000円程度のものであればリールとしての機能は果たせるので大丈夫です。

ミチイト&ハリス

ミチイトはリールに巻くラインのことで、素材はナイロンが主流です。太さが色々ありますがフカセ釣りでは2号前後が無難です。フロートタイプ、サスペンドタイプとありますが初心者はフロートタイプの方が扱いやすいです。ラインカラーも色々ありますがフカセ釣りはライン操作で釣果も大きく左右されるのでまずはグリーンやオレンジなど視認性の良いラインがオススメです。価格は150m巻きで1500円程度です。

ハリスは1.5号前後でフロロカーボン素材が主流で50m巻き1000円前後で各メーカーから販売されています。

フカセ釣り入門はお金がかかる? 必要な道具とその予算を一挙公開私の愛用しているライン(提供:WEBライター・谷脇英二郎)

ウキ

ウキは様々な種類、形、大きさ、浮力があり一番迷う道具ではないかと思います。値段も様々で数百円から2000円を超える値段のものもあります。まず値段の違いですが、浮力の精度、表面塗装の強さなどが違います。初めに買うのであれば1000円前後の製品が精度、強度も良くオススメです。

浮力は0、B、3B、1号があれば大体どの釣り場でも対応はできます。後は必要に応じて買い揃えていけばいいと思います。

フカセ釣り入門はお金がかかる? 必要な道具とその予算を一挙公開ウキは1000円前後を(提供:WEBライター・谷脇英二郎)

ハリ&その他小物

ハリは各メーカーからターゲットに応じて専用のハリが発売されており、だいたい数百円で売っているので狙う魚種で決めるといいと思います。

仕掛けについて他の小物はウキ止め、シモリ玉、潮受けウキゴム、サルカン、オモリが必要になりますが、それぞれ数百円程度で販売されています。

次のページで杓&バッカン類について解説

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。