『投げキス』オススメ好釣り場:深日港 ちょい投げで良型が狙える

『投げキス』オススメ好釣り場:深日港 ちょい投げで良型が狙える

今回は、大阪・泉南エリアにあるキスの好釣り場「深日港」を紹介。ポイント詳細や、オススメの釣り方を解説しよう。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷口墨人)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

深日港の2本の波止がオススメ

夏の投げ釣りやチョイ投げの代表ターゲットと言えばキス。あの清楚な魚体からは想像できないような爽快で激しいアタリと、その食味も魅力だ。特に初夏の時期は良型キスがチョイ投げでも手軽に釣れる。

大阪・泉南の深日港は、駅から近く、電車でも気軽に釣行できる釣り場だ。赤灯波止と白灯波止の沖向きが、キスのポイントになっている。

赤灯波止

赤灯波止は波止の手前にテトラがあり、その沖向きがキスのベストポイントになっている。

『投げキス』オススメ好釣り場:深日港 ちょい投げで良型が狙える赤灯台のある波止(提供:WEBライター・谷口墨人)

海藻などのシモリ混じりの砂底になっていて、根掛かりする所がある。シモリが魚の隠れ家になり、キスの魚影が濃いポイントだ。

ゆっくり目の引き釣り

ちょい投げでキスが狙え、置き竿でも狙えるが、竿を手持ちにして、ゆっくりと仕掛けを引いて誘ってやるとアタリが多くなる。シモリがあるので、根掛かりが気になるが、軽めのジェット天秤を使ってやると、根掛かりが少なくなる。

20cmオーバーのキスが姿を見せ、キュウセンベラやガシラが交じる。テトラ帯から先に行くとスリットケーソンになり、足場が良くなっている。ケーソンから投入しても、キスが狙える。

白灯波止

白灯波止は、波止の先端にテトラが入れられているが、手前はテトラがなく足場が良い。

『投げキス』オススメ好釣り場:深日港 ちょい投げで良型が狙える白灯波止の方が短め(提供:WEBライター・谷口墨人)

足場が良い部分の沖向きは、きれいな砂底が広がっていて底が見えるほどの遠浅になっている。

軽めのテンビンで

キスは小型だがチョイ投げで狙える。キスは臆病で、オモリの着水音ですぐに逃げてしまうので、着水音の小さい軽めのテンビンで狙うといいだろう。手前でアタリがなくなれば、少し遠投すると、またアタリが出始める。

また、ここでは泉南で少なくなった小型のガッチョが良く釣れるので、退屈はしないだろう。

先端部の沖向きは深い

白灯波止の先端に当たるテトラ帯の沖向きは、水深が深くなり、海流の関係でシモリ混じりの砂底になっている。ここでは、赤灯波止の釣り場と同じ魚種が、チョイ投げで狙え、キスも20cmオーバーが交じる。

ただ、根掛かりが多くなるので、軽めのジェット天秤で狙うと良い。なお、沖向きでは、タコツボや刺し網が仕掛けられている時があるので注意したい。

キス狙いは、9月下旬までが狙い目。周辺海域にはイルカが回遊する時があるので、イルカウォッチングができるかもしれない。これも、もうひとつの楽しみだ。

<谷口墨人/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
深日港

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。