【釣果レシピ】四川風アマゴ水煮魚:辛さ控えめで紹介

【釣果レシピ】四川風アマゴ水煮魚:辛さ控えめで紹介

水煮魚は中国の四川料理。唐辛子や花椒を使った辛い料理。本場ではコイ科の魚を使うが、今回は長良川本流アマゴを使ってみた。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松森渉)

TSURINEWS編集部

その他 レシピ

四川風アマゴ水煮魚のレシピ

水煮といっても、魚をスープで煮込むわけではない。本場の味は辛すぎるので辛さは控えめに仕上げた。

材料

・アマゴ20~22cm 2匹
・もやし 100~200g
・中華スープ 200㏄
・鷹の爪 3g
・花椒 1~2g
・豆板醤 大さじ1杯
・ニンニクみじん切り 少々
・ショウガみじん切り 少々
・酒 大さじ1杯
・砂糖 小さじ2杯
・味の素 小さじ1杯
・しょう油 大さじ1杯
・塩コショウ 少々
・片栗粉 少々
・サラダ油 大さじ3杯

作り方

1.アマゴは三枚におろしひと口大に切る。皮はそのまま。

2.ひと口大に切ったアマゴは塩コショウを振り片栗粉をまぶす。

3.(2)を沸騰したお湯に入れ火を通す。2分もあれば火は通る。

4.(3)はザルに上げて水を切る。

5.フライパンで豆板醤、ニンニク、ショウガを炒め香りが出たらもやしを投入。

6.もやしに火が通ったらスープを入れ、砂糖、しょう油、酒、味の素で味を整える。

7.(6)を丼に移し、ザルに上げておいたアマゴと鷹の爪、花椒を乗せる。

8.最後に熱したサラダ油(大さじ3杯)を上からかけて完成。

今回アマゴは今年3月に釣ったアマゴを使用した。

<週刊つりニュース中部版 APC・松森渉/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年5月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。