ヘラブナ釣り回想記:福島県 震災の爪痕残るも釣り人はアグレッシブ

ヘラブナ釣り回想記:福島県 震災の爪痕残るも釣り人はアグレッシブ

多くの人の支えがあり、昨年は1都11県で竿を出すことが出来た。爆釣に笑った日や貧果に泣かされた日、身の危険を感じた釣行など思い出が尽きない。様々な地域で竿を出すが、いろいろと考えさせられるのが福島県だ。今回は、そんな福島県のエピソードを紹介する。

福島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

釣り禁止のため池が多い

東日本有数のため池を誇る福島県。全国第3位の土地面積でありながらも、釣り場として開放されている池は数えるほどしかない。その理由は、大半の池が”釣り禁止”になっているから。

これは釣り人のマナーの悪さが招いた結果であり、残念でならない。その多くは釣り人が起こした問題(ゴミ、無断駐車など)だそうで、すべての池を釣り禁止にしてしまった自治体もある。

そのため、日研の各支部が管轄する池があり、「会員のみ」の専用池として楽しむ姿を目にする。いささか閉鎖的に見えるが、そこまでしないと釣り場が存続できないのだ。

福島県の釣り場を紹介

少々切ない気持ちになるが、好釣り場も存在する。城のお堀で楽しめて魚影特濃な小峰城のお堀(白河市)。

ヘラブナ釣り回想記:福島県 震災の爪痕残るも釣り人はアグレッシブ小峰城のお堀(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

ザ・野釣りが堪能できる原池(須賀川・郡山市)&二池(須賀川市)。

ヘラブナ釣り回想記:福島県 震災の爪痕残るも釣り人はアグレッシブザ・野釣りを堪能できる二池(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

魚影が薄くなったが歴史のある岩部ダム(飯館村)。

ヘラブナ釣り回想記:福島県 震災の爪痕残るも釣り人はアグレッシブ岩部ダム(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

懐かしの喜多方川前(喜多方市)。巨ベラスポットの三春ダム(三春町)。会員池としては岳山公園(本宮市)。

ヘラブナ釣り回想記:福島県 震災の爪痕残るも釣り人はアグレッシブ岳山公園(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

管理池では須賀川釣仙郷(須賀川市)もあるが、現在工事中だ。

東日本大震災の影響が色濃く残る

ここに加えたかったのが名釣り場の坂下ダム(富岡町)だが、東日本大震災の影響で釣り不能になり、現在は湖岸への立ち入りのみが許可される程度になっている。

ヘラブナ釣り回想記:福島県 震災の爪痕残るも釣り人はアグレッシブ坂下ダム(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

県を代表する好釣り場も、現在は福島第1原発の冷却水として使用されているのだ。ダム周辺は現在も帰還困難区域に指定され、町にはバリケードが張り巡らされている。

ヘラブナ釣り回想記:福島県 震災の爪痕残るも釣り人はアグレッシブモニタリングポスト(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

各所に放射線測定器・モニタリングポストが設置され、除染作業を行う作業員の姿が目立つ。遠く離れた関東では、あたり前に日常生活を送れているが、現地では今なお目に見えない恐怖と戦っているのだ。

アグレッシブな釣り魂

東北で釣りをしていると、被災された人とたびたび出会う。そのたびに胸が痛くなり、いろいろと考えさせられる。本当に忘れてはならない出来事だ。しかしながら、現地の人は前向きで「あそご(富岡・大熊町)さは戻んね」と言う人がほとんどで、新天地で第2の生活をスタートさせている。消極的になる私が、逆に勇気をもらうほど明るいのだ。

さて、肝心な釣り事情だが、これがとにかくアグレッシブ。釣り場を求めての長時間移動は、日常茶飯事。例会ともなると片道100km以上・2時間コースはあたり前で、関東・山形・新潟まで遠征する会もめずらしくないのだ。

ちなみに日研の福島地区大会は、山形県の前川ダムで開催している。そんなアグレッシブさに驚く私に「やっとごがねーんだ、しょーがんめぇ」とケロッと言うのだから、福島のヘラ釣り熱もかなりのものだ。

ご当地グルメも充実

お楽しみのご当地グルメは、酒の肴・ご飯のお供は「いかにんじん」。B級スイーツの「クリームボックス」。そして県民が愛して止まない「白河ラーメン」だ。出会う釣り人誰しもがラーメンの話をしていて、最近では福島放送『ふくしまら~めん道』という、ローカルテレビ番組まで覚えてしまった。

福島は今なお様ざまな問題を抱えているが、釣り熱は高く、驚くほどアグレッシブ。関東がいかに恵まれているかがわかる地域だ。”福島魂”はとにかく凄い。

<週刊へらニュース APC・中村直樹/TSURINEWS編>

この記事は『週刊へらニュース』2020年5月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。