釣行後の『スピニングリール』メンテナンス術 洗浄&注油&グリスアップ

釣行後の『スピニングリール』メンテナンス術 洗浄&注油&グリスアップ

釣行後のスピニングリールの簡易メンテナンス術を紹介。洗浄〜注油・グリスアップの手順を解説。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

注油&グリスアップ

洗浄が終わったら次はリールに油をさす。

1.ドラグノブ取り外し

スプール上部のドラグノブを取り外し、ノブの裏側にはけなどで軽くグリス(DG6)を米粒大程度着ける。

釣行後の『スピニングリール』メンテナンス術 洗浄&注油&グリスアップ注油&グリスアップ・工程1(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

2.指で広げる

指で裏面全体にグリスを広げてなじませる。指がグリスで汚れたままだと、異物やゴミを拾ってしまう原因になるので、すぐにウエスなどで拭きとる。

釣行後の『スピニングリール』メンテナンス術 洗浄&注油&グリスアップ注油&グリスアップ・工程2(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

3.スプール軸ローターに注油

スプール軸のローターに満遍なく注油(B100)。数滴滴下させたらハンドルを回してオイルをナジませる。

釣行後の『スピニングリール』メンテナンス術 洗浄&注油&グリスアップ注油&グリスアップ・工程3(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

4.ラインローラー部

ラインローラーとその受け部に注油。

釣行後の『スピニングリール』メンテナンス術 洗浄&注油&グリスアップ注油&グリスアップ・工程4(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

5.ハンドルノブ

ハンドルノブとその受け部のすき間に注油(B100)。

釣行後の『スピニングリール』メンテナンス術 洗浄&注油&グリスアップ注油&グリスアップ・工程5(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

6.本体取り付けネジに注油

本体パーツ取り付けに使用されている露出したネジの頭に注油(SSR-1)し防さび。ネジはいろいろな部分にあるのでしっかりとチェックしておく。なお、SSRO-1は、14ステラや15ツインパワーなど撥水性能のあるアームローラーには使用厳禁。外観部のネジのさび防止に使用。

釣行後の『スピニングリール』メンテナンス術 洗浄&注油&グリスアップ注油&グリスアップ・工程6(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

7.動作させてナジませる

実際にリールをセットしてハンドルとハンドルノブを回してオイル、グリスをナジませる。

釣行後の『スピニングリール』メンテナンス術 洗浄&注油&グリスアップ注油&グリスアップ・工程7(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年5月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。