オフショアジギングで青物フィーバー ブリ&ヒラゴ乱舞【山口・入江丸】

オフショアジギングで青物フィーバー ブリ&ヒラゴ乱舞【山口・入江丸】

4月10日、山口県・油谷湾から出船している入江丸を利用して、オフショアジギングへ行ってきた。7kgブリ含み、青物フィーバーを堪能した釣行をお届け。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

入江丸でジギング

この日は天気は良かったものの風が強く、波も高いが徐々に落ち着くとの予報で、ゆっくりめの午前10時に6人で出船。私以外の5人は電動ジギング。

オフショアジギングで青物フィーバー ブリ&ヒラゴ乱舞【山口・入江丸】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

ポイントの汐巻までは約30分で到着。波高1.5mとの予報とは裏腹に、かなりのウネリ。風も強く、釣りづらい状況。潮が行きだすのも昼ごろとのことで、我慢の時間が続く。

3kg級ヤズがヒット

約2時間、何の反応もないままポイントを転々。昼すぎ、数か所目、水深は65mほど。ここで良い反応があったようで、船長から「ここは食うよ」とのアナウンス。

気合を入れ直してシャクっていると、同船者にヒット。3kgクラスのヤズ。すると、私にも同サイズがヒット。ようやくの釣果に、船内にも活気が戻る。

ショート系ジグで7kgブリ登場!

次の流し、底から10シャクリぐらいで、じゃれつくような反応。いったんジグを止め、食いの間を作るとドン!重量感ある引きで、まずまずの抵抗を見せたのは、当日最大となる7kgのブリ。

オフショアジギングで青物フィーバー ブリ&ヒラゴ乱舞【山口・入江丸】ブリ7kgキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

船長の話では、ベイトは小イカとのことだったので、ショート系のジグに替えたのが正解だった。

このころから船内各所でヒットが頻発。電動ジギング独特のモーター音があちらこちらから聞こえてくる。サイズはみんな2~3kgクラスのヤズだったが、沈黙の時間が長かっただけに喜びもひとしお。

上層でヒラゴ連発!

相変わらず風は強く、ウネリを伴う波もいっこうに収まる気配はないが、近くで鳥山ができ始め、生命感はムンムン。すると、電動ジギングの同船者が回収中に、かなり上のレンジで、しかもヒラゴがヒットしたとのこと。今度は中層から上のレンジを重点的に狙ってみる。

ジグを底まで落とさず、PEラインの色を見ながら30~40m付近で止めて誘うと、2kgクラスのヒラゴがヒット。次の流しではフォール中にヒットと、かなり上層で食い始めた。

底まで落として反応があればヤズ、中~上層まで誘い上げてアタるとヒラゴといった状況で、休む間もなく魚信があるフィーバー状態。ファーストヒットから約4時間で、全員2ケタ安打達成。十分満足の釣果で、午後4時前には納竿した。

次のページで最終釣果発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。