ライトショアジギングで魚が釣れない4つの理由(ルアー選択ミス以外)

ライトショアジギングで魚が釣れない4つの理由(ルアー選択ミス以外)

漁港や防波堤など、身近なフィールドで青物をルアーで狙う釣りである、ライトショアジギング。せっかく意気込んで出かけたのに撃沈・・・なんて経験をした人も居るはず。実は釣れないのにも理由がある。今回は、ルアーのセレクトミス以外で、釣れない時に考えられる4つの原因について紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・古川竜也)

古川竜也

渓流釣りからロックショアまで、様々な釣りをしています。時期に合った旬な釣り情報をお届けします。

×閉じる

ソルトルアー ショア

簡単なルアーカスタム

最後におまけとして、誰でもできる簡単なルアーカスタムについて紹介する。
メタルジグは通常、リアのトレブルフックが付いた状態で売っているものが多いだろう。青物は特に頭を目掛けて捕食してくる魚のため、別売りで釣具屋に売っているアシストフックを購入して取り付けることをおすすめする。

ライトショアジギングで魚が釣れない4つの理由(ルアー選択ミス以外)アシストフックを付けよう(提供:WEBライター・古川竜也)

例えリアフックにバイトしたとしても、アシストフックでロックする形で、後から掛かってくれるため、バラシのリスクを下げることができる。

以上、ライトショアジギングで釣れない時の原因を紹介した。最近全く釣れない方、1匹も釣ったことがない方は、この4つの項目を確認してみてはいかがだろうか。

また、最近ルアーマンによるラインやルアーパッケージのゴミのポイ捨てが問題になっている。実際にこのポイ捨てによって、釣り禁止になった釣り場もある。そのため、最低限自分が出したゴミは持ち帰って、末長く楽しく釣りができるよう心がけたい。

<古川竜也/TSURINEWS・WEBライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。