陸っぱりサビキ釣りで小物と戯れる 気温上昇の今後に期待【早川港】

陸っぱりサビキ釣りで小物と戯れる 気温上昇の今後に期待【早川港】

4月上旬、この時期に小サバがよく釣れた実績があるので「今年もそろそろか」と思い、サビキ釣りの準備をして、小学3年の息子と神奈川県の早川港へ小物釣りに出かけた。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

早川港でサビキ釣り

8時、早川港そばの小田原FBCに立ち寄り、コマセと仕掛けを購入。店主に状況を聞くと「今年はまだムラがあるね」とのこと。

1週間前に雨が降り、小魚がソ上せずに港内に留まり、200尾ほど釣った人がいたらしいが、それ以降はまとまった釣果はないようだ。また、傾向としては、満潮前後など潮位が高い時間帯がいいようだが、あいにく干潮前。「ちょっと厳しいかもしれない」と不安がよぎる。

日なたの東側には釣り人が数人いたので、対岸の西側へ。ここでも午前中は日が当たるので暖かいが風はまだ冷たい。

陸っぱりサビキ釣りで小物と戯れる 気温上昇の今後に期待【早川港】早川港の様子(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

サビキとライトゲームで実釣

私はノベ竿に購入したトリックサビキ仕掛けをセットして、コマセをのこぎり引きして投入。息子はトラウトタックルでミノーやスプーンなどを投げる。

陸っぱりサビキ釣りで小物と戯れる 気温上昇の今後に期待【早川港】当日の仕掛け(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

たまに小魚が水面をちらつくがアタらない。「時期尚早だったかな」と思いながらも探っていると小さな魚信。上げると10cmアミメハギ。

陸っぱりサビキ釣りで小物と戯れる 気温上昇の今後に期待【早川港】10cmアミメハギ(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

豆サバがヒット

干潮をすぎると、底の方でキラッキラッと素早い動きの魚影。「ここがチャンス」と、コマセをまいて群れを止める。

陸っぱりサビキ釣りで小物と戯れる 気温上昇の今後に期待【早川港】当日使用のコマセ(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

仕掛けを入れて誘うと寄ってくるのが見える。竿を立てて取り込んだのは6cmの豆サバで息子と苦笑い。

このあと、1尾追加し、正午すぎには日陰になって寒くなったので納竿。魚はすべてリリースした。

今後の展望

対岸の市場水揚げ場周辺は釣り人が多く、釣れてそうな雰囲気だったが人気ポイントなので、次回は早めに行って場所を確保したい。

新型コロナウイルスが終息したら、リベンジ確定だ。

※記事内に登場する釣り場の現在の立ち入り可否状況については、公式HPを確認もしくは、直接各施設へお問い合わせください

週刊つりニュース関東版 青砥一生/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
早川港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年4月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。