カサゴ船で本命数釣り堪能 44匹キャッチに船中オコゼも登場【愛知】

カサゴ船で本命数釣り堪能 44匹キャッチに船中オコゼも登場【愛知】

4月上旬、カサゴ狙いで愛知県・南知多町の船に乗った。当日はカサゴがコンスタントにヒット、春の海を満喫しながらの釣行となった。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・大塩誠二)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

伊良湖沖でカサゴ狙い

釣行当日は、午前5時30分に出船し、50分ほどで伊良湖沖に到着。水深は70m前後で、底は岩礁帯や砂地がランダムに混在しているような感触だ。

ハリ掛かりしないことが多くなった場合は、ハリ先が鈍っていないをチェック。そんなことを思い巡らせていると、ググッときたのは唐揚げサイズのかわいい本命だ。このような状況がしばらく続いたが、わりと食いが渋い。時刻は午前9時半すぎ、よって前半は15匹。

数釣りモードに突入

潮時なのか、ここでポイント移動。予報通り穏やかになって、ロケーションは春がすみの海といったところ。さあ、ここらでエンジン全開といきたい気分だ。

仕掛けを入れると、すぐにアタリ。複雑な引きで、やや重たいのでおそらくダブルヒットだ。特に狙ったわけでもなく、いい場所に仕掛けが入ってラッキーだった。

こんなことが3回も続くと何だか勘違いしそう。その後も1~2回誘うとアタリが出て、数釣りモード突入の雰囲気だ。

そして、何やらトモ付近で騒がしく、あとで船長に聞いてみると、良型オコゼが両隣でヒットしたそうだ。図鑑などによると毒魚となっているが、これはおいしい。狙って釣れる魚ではないが、もしゲットした場合は、そのトゲを切ってぜひとも持ち帰りたいところだ。

44匹ゲットで満足

さて、本命の食いは相変わらず好調モードを持続していてコンスタントにヒット。サイズ的にも特に不満はなく、そして軽快なアタリを感じさせてくれる。

そんなところがこの釣りの楽しみどころで、44匹をゲットできた。そろそろ沖上がりの時間。春の海を満喫しながらの帰港となった。

<週刊つりニュース中部版 APC・大塩誠二/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年4月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。