【九州2020初夏】波止での『サビキ』&『ウキ』釣り入門 お手軽&簡単

【九州2020初夏】波止での『サビキ』&『ウキ』釣り入門 お手軽&簡単

気軽に行けるのが漁港や波止、河口など近場のいいところ。アジやコノシロにチヌなど、サビキ釣り&ウキ釣りではいろいろな魚が狙える。初夏の釣り場におけるお手軽&オススメの釣りを紹介。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 編集部)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

サビキ釣り

サビキ釣りは、ハリが6本や8本など付いたサビキ仕掛けを使用した釣りのこと。まきエサを入れるカゴを仕掛けに繋いだスタイルがメジャーだ。

まきエサカゴとオモリが一体化したものが一般的で、サビキ仕掛けに付いているスナップで簡単に繋ぐことができる。

【九州2020初夏】波止での『サビキ』&『ウキ』釣り入門 お手軽&簡単サビキ釣りタックル(作図:週刊つりニュース西部版 編集部)

サビキ釣りの主なターゲットはアジ、サバ、イワシ、コノシロなど小型回遊魚たち。

釣り方は、仕掛けの下に繋げたカゴの中にまきエサのアミを入れて海へと入れる。カゴが底に着くと、根掛かりなど底に引っかからないように少し仕掛けを上げてから、まきエサがカゴから出るように大きくサオをシャクる。

まきエサで仕掛けに近寄ってきた魚が食いつくまで少し待つ。魚がハリに食いつくとサオ先がブルブルと震えるので、サオを軽くシャクってアワセを入れる。それから仕掛けを上げて魚を取り込む。

ハリ数が多いので、たくさんハリに魚が掛かることが、この釣りの魅力のひとつだ。

【九州2020初夏】波止での『サビキ』&『ウキ』釣り入門 お手軽&簡単サビキで連掛け(提供:週刊つりニュース西部版 編集部)

ウキ釣り

ウキ釣りは、その名の通りウキを使用した釣り方で、チヌやクロなどがターゲット。ウキの形は棒ウキ、円錐ウキがあり、釣り人の趣向で楽しみが深まるところも魅力だ。

【九州2020初夏】波止での『サビキ』&『ウキ』釣り入門 お手軽&簡単ウキ釣りタックル(作図:週刊つりニュース西部版 編集部)

チヌ狙い

チヌは海底付近を釣る。理由はチヌが海底付近でエサを取っているため、仕掛けもハリス部分にガン玉を打ってハリ付近が海底付近を漂うように調整する。

クロ狙い

クロはまきエサに寄って中層に浮いてくる魚。仕掛けのウキ下の長さが中層になるように調整して、クロが食いやすいタナにしておこう。

ノベザオでさらにお手軽に

釣り場の場所条件によっては、リールを使わないノベザオタックルでも狙え、お手軽感や手返しが増す。

【九州2020初夏】波止での『サビキ』&『ウキ』釣り入門 お手軽&簡単ノベザオタックルはお手軽感や手返しが増す(提供:週刊つりニュース西部版 編集部)

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。