【浜名湖2020初夏】トップゲームのススメ ベイトの有無&水温がキモ

【浜名湖2020初夏】トップゲームのススメ ベイトの有無&水温がキモ

気温水温ともに上昇傾向にある5月の静岡県・浜名湖。奥浜名湖エリアでは、バチ抜けやハク(ボラの幼魚)のソ上もあり、キビレやシーバスゲームの最盛期に突入する。今回は5月にハシリを迎える奥浜名湖のトップウォーターゲームを紹介する。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・大宮好騎)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

浜名湖のトップゲーム

夏がメインゲームとなるクロダイやキビレのトップゲームではあるものの、広大なシャローフラットが続く奥浜名湖エリアでは、水温が上がりやすく最高気温が25度前後になる陽気が続くと、安定してトップの反応が良くなる傾向が見られる。

【浜名湖2020初夏】トップゲームのススメ ベイトの有無&水温がキモ最盛期にはアングラーが並ぶ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・大宮好騎)

また、梅雨時期にかけてはシーバスの反応もすこぶる良く、真っ昼間にド派手に水面をさく裂させてくれることから、迫力のデイゲームが体感できる。

タックルは流用可能

タックルについてはロッドが7ft前後でキャストウェイト15g程度のスピニングロッドに、2500番クラスのスピニングリールが望ましい。クロダイ専用でなくとも本流トラウトやバス、ライトソルト、エギングロッドでも対応可能なので選択肢は多いと思う。

【浜名湖2020初夏】トップゲームのススメ ベイトの有無&水温がキモ参考タックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・大宮好騎)

近年はアシ際やストラクチャ―際をタイトに撃つこともあることから、ベイトタックルもオススメだ。メインラインはPEラインの0.6~1.2号にリーダーは14~20lb前後を接続すれば問題ないだろう。

ベイトの存在がキーワード

私が使用するトップウオータープラグは、ポッパー、ペンシル、プロップベイトの3種類。具体的にはH・A・L社の飛豚シリーズ(ポッパー・ひぶぺん・プロップ)を中心に状況に合わせて、ルアーローテーションを行って楽しんでいる。

【浜名湖2020初夏】トップゲームのススメ ベイトの有無&水温がキモ飛豚プロップ(左)ひぶぺん(中・右)(提供:週刊つりニュース中部版 APC・大宮好騎)

ポイントとしては、とにもかくにもベイトの存在がキーワード。干満差が大きく、魚の入れ替わりが激しい浜名湖ではベイトの群れに着いて多くのターゲットが移動を繰り返しているため、生命感が無なエリアであっても、ベイトが差してきたタイミングで大爆発なんてことも珍しくない。

ではどのようなベイトを探すのがベストかというと、冒頭に述べたハクの群れである。強風時に波立っていると探しにくいものの、2~4cmの小魚が数十~数百の群れで水面をザワザワさせながら移動していたら、ハクの群れと考えていいと思う。

遊泳力があまりないため、風表のシャロー帯や流入河川、アシ際などに多く、実際に奥浜名湖に行けば至る所で確認できるので、ぜひとも指標にしていただきたい。

次のページで釣行タイミングを解説

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。