磯での底物釣りで本命イシダイ3kg級を手中【鹿児島・上甑島】

磯での底物釣りで本命イシダイ3kg級を手中【鹿児島・上甑島】

上甑島・里(鹿児島県薩摩川内市)のイシダイが本番を迎えた。簡単には釣れない魚だけに、釣れたときの喜びはひとしお。4月4日に釣行した際は根魚も交じってサオの曲がりを堪能できた。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

上甑島の磯でイシダイ狙い

現地のイシダイは3月から乗っ込みを迎える。水温が低い時期だけに、日ムラはあるものの、3~4kgと型が良く、赤貝をエサにしたブッ込み釣りや宙釣りで狙う。

磯での底物釣りで本命イシダイ3kg級を手中【鹿児島・上甑島】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

アカハタやへダイなどゲスト登場

午前5時すぎに現地に着いた。春に実績の高い沖の島に渡り、すぐに準備に取りかかる。エサは荒割にした赤貝と、ハード加工のくわせ赤貝を用意。ハリは食い込みやすい短軸の石鯛ワイヤーを選び、水深13mのタナから探りを入れていく。

間もなくサオ先を小さくたたくアタリ。2~3分置いて仕掛けを回収すると、赤貝のワタだけをかじられていたので、タナを浅くしながら手数を増やした。

タナを10mにした時、これまでとは違うアタリがでた。サオ先をガツンガツンとたたき、一気に走った。やり取りの末に姿を見せたのは、3kgほどのサンノジだ。アタリは続き、700gほどのアカハタや2kg級のヘダイを追加。しかし本命の姿は見えない。

3kg級イシダイ手中

午前9時、8mの浅ダナでサオ先を軽く押さえる魚信。送り込んでも走らないので、そのまま待ってみた。その数秒後、ゆっくりとサオ先が曲がったところでアワセを入れた。

魚は真下に潜って横走りすることから、サンノジを予想したが、水面を割ったのは縞模様鮮やかな3kg級のメスのイシダイだ。この1尾に満足し、9時すぎに納竿した。現地の乗っ込みイシダイは5月いっぱい狙えるだろう。

<週刊つりニュース西部版 APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
上甑島
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。