マダラジギングで良型手中 ラストポイントでギリギリヒット【翔英丸】

マダラジギングで良型手中 ラストポイントでギリギリヒット【翔英丸】

4月上旬、久しぶりに大好きな釣りものの、宮城金華山沖のマダラジギングへ翔英丸から釣行。昨年ほどの盛り上がりはなかったものの、本命と無事対面することができた。

宮城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 田中茂生)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

翔英丸でマダラジギング

今回訪れた塩釜・釜の淵港の翔英丸では、150~200gのメタルジグを使ったマダラジギングだ。産卵後の荒食いで、タラ釣りとしては浅い水深70~100mを狙う。

マダラジギングで良型手中 ラストポイントでギリギリヒット【翔英丸】翔英丸(提供:週刊つりニュース関東版 田中茂生)

この日は6人が乗船。港から航程1時間ほどの網地島沖水深70mでスタートフィッシング。開始まもなく、左舷ミヨシの人に重量感あるアタリ。3kg級の船中1尾目が取り込まれると、次々に竿が曲がって、ひと流しで各自2~3kgをゲット。しかし、私だけが蚊帳の外。

ふた流し目も同じポイントを狙うと、開始から30分くらいたったころ、ようやくヒット。でも、なんだかスルスルと巻ける。本命に間違いはないが、船中最小級の35cm。「なんで俺だけ小さいの~」と、うれしさ半減。

このあと、潮流が変わるとタラは口を使わず、たまにマゾイやカナガシラ、珍しいアオゾイの型を見る程度と今ひとつの状況に。

マダラジギングで良型手中 ラストポイントでギリギリヒット【翔英丸】宮城の海岸線は美しい(提供:週刊つりニュース関東版 田中茂生)

金華山沖で30cm超クロメバル

昼前に金華山沖へ移動。1カ所目はアタリなく、2カ所目で30cm超のクロメバル。もちろん、この魚の反応に船を当てた結果。なかなか東京湾では見れないサイズ。しかも、水深90mからのシグナルにびっくり。しかし、このあとも本命不発。

そこで、ナダ寄りの水深50mで1時間くらい、この時期限定のターゲット・サクラマス狙いに変更。まだ一度も釣ったことがない魚だけに、期待しながらシャクり続けるがダメ。今季はあまりよくないと船長。ここまで小型のタラにメバル。このままでは帰れない。

良型ゲットで大興奮

残り時間はあとわずか。船を沖に出し、水深100mで最後の望みを賭ける。すると、ドン、ドン、ドン……。「すごい!」船中全員にヒット。

しかも、釣れてくるのは良型。「怒とうの連発モードに突入か」と思いきや、10分ほどで時合終了。釣果4尾で沖上がりを迎えた。

マダラジギングで良型手中 ラストポイントでギリギリヒット【翔英丸】船中では良型のマダラが上がった(提供:週刊つりニュース関東版 田中茂生)

昨年が凄すぎただけに少し物足りない感はあるけど、それでも「楽しい時間をありがとう。また来年も必ず来ます」。

※記事内に登場する船宿の現在の営業状況については、公式HPを確認もしくは、直接各施設へお問い合わせください

<週刊つりニュース関東版 田中茂生/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
翔英丸
出船場所:釜の淵港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年4月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。