ジグヘッドリグにおける2大アクションに有効なライトゲーム用ワーム3選

ジグヘッドリグにおける2大アクションに有効なライトゲーム用ワーム3選

ライトゲームの主要リグ「ジグヘッド」。今回は、スイミングとデッドスティッキングアクションを実践するための、守備範囲の広いワームを3つ紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・辻原伸弥)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

お勧めワーム3選

そこでお勧めするのが、下記の三つのワームだ。

ビームスティックゼロ

「ビームスティック」ではやや硬めの素材を使用していたのに対し、軟らかく伸びる素材を採用し、ボディ後部に水受けする円形のカップ形状を用いたことで、水流になじみテールのバタつきを抑えてよりナチュラルなアクションを演出できる。ジグ単でのスイミングアクション、ベイトがジャコなどの小魚の場合にはフロートリグでのデッドスティッキングアクションにも有効だ。

ジグヘッドリグにおける2大アクションに有効なライトゲーム用ワーム3選ビームスティックゼロ(提供:WEBライター・辻原伸弥)

ビビビーム

一見ただのフラットテール型ワームに見えるが、そのテールは極薄0.6mm。この尾が軟らかな微波動を生み出す。また、縦・横とセットする方向で波動が変化する。コアには、イカゴロ・エビ粉と特濃集魚剤を内蔵し、ショートバイト時のフッキング率をアップさせる。ジグ単でのスイミングアクション、ドリフトアクションに、キャロからフロートリグと、実は様々な場面で幅広く活躍するマルチデザインだ。

ジグヘッドリグにおける2大アクションに有効なライトゲーム用ワーム3選ビビビーム(提供:WEBライター・辻原伸弥)

ドリビーム

三つの球体に細い尻尾を付けた形状で、全長0.9inchと食い込みのいい一口タイプ。ビビビーム同様コアにはイカゴロ・エビ粉と特濃集魚剤を内蔵し、ショートバイト時のフッキング率をアップする。

小さなワーム本体からのアピール力が小さいため、軽量ジグ単でのドリフト釣法やフロートリグなどデッドスティッキングアクションに優れている。プランクトンがベイトの場合のプランクトンパターン時には他に類を見ない底力を秘めている。

ジグヘッドリグにおける2大アクションに有効なライトゲーム用ワーム3選ドリビーム(提供:WEBライター・辻原伸弥)

様々な状況で試してみよう

通常ライトゲームでは、それぞれの状況下でベイトの種類やワームの特性を考えた選択をするのが1番大切だ。釣れている状況で色々ワームを試していくことで、魚がどのような状態の場合にどのようなワームが適しているかが見えてくるはず。釣果も大切な結果だが、後学の為に色々試してみることをお勧めしたい。

<辻原伸弥/TSURINEWS・WEBライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。