『春マサ』狙いジギング 9.2kg頭に船中ヒラマサ乱舞【エル・クルーズ】

『春マサ』狙いジギング 9.2kg頭に船中ヒラマサ乱舞【エル・クルーズ】

春に盛り上がりを見せるヒラマサ。3月下旬にジギングで大物春マサを狙い、福岡市・箱崎漁港からエル・クルーズで出船してきた。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

まずはタイラバで土産確保

釣行当日は午前6時30分に5人の釣り人を乗せて拠点となる箱崎港を出船。本命ポイントへと向かう道すがら、要所要所で反応の良い魚礁をチェックしていくがアタリはない。

潮もあまり動いていなかったので、前半は厳しい展開になると予想し、まずはSLJ&タイラバでお土産を稼ぐことに。

『春マサ』狙いジギング 9.2kg頭に船中ヒラマサ乱舞【エル・クルーズ】タイバラタックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

チェンジ後はしばらくサオも曲がらない状態だったが、20分ほどしたところで連続ヒット。アマダイ・アコウ・アオナ・イトヨリなどのおいしい魚をキャッチすることができた。

『春マサ』狙いジギング 9.2kg頭に船中ヒラマサ乱舞【エル・クルーズ】タイバラでアマダイ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

本命ポイントでヒラマサ連続ヒット

再びジギングにチェンジ、期待の本命ポイントへとエントリーし、各ポイントをくまなくチェックしていくが、こちらもアタリはない。

『春マサ』狙いジギング 9.2kg頭に船中ヒラマサ乱舞【エル・クルーズ】ジギングタックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

前日はかなりの好釣果を叩きだしたエリアだったが、気づけば時計は正午を指し、徐々に不安が高まってくる。そこでエリアを大きく移動することを決断すると、この判断が功を奏してそこからは怒濤の展開に。

移動後すぐに4kg級のヒラマサをキャッチした直後に、3連続ヒット。そのうち2本は残念ながらラインブレイク&フックアウトで獲り逃してしまったが、1本は7kg超えの良型であった。この連続ヒットで釣り人の士気が高まる。

9.2kgヒラマサ浮上

このまま同じポイントで釣り続けることもできそうだったが、バラシもあった理由からポイントを休めるためにいったん近くのポイントへ移動するが、ここではヤズとヒラゴが連発。

あまりの連発劇にランディング、写真撮影、シメ作業に追われたが、あっという間に全員安打は達成できた。そして、再び先ほどヒラマサが連続ヒットしたポイントへ向かう。

ポイントを休ませたことが良かったのかすぐにヒット。しかも見るからに大型で間違いなくこの日一番のサイズ。バレないことを祈りながら見守ること数分、無事にネットに収めることができたのは9.2kgのヒラマサだった。

クーラー満タンで大満足

このあとも良型のヤズ交じりにヒットペースは衰えることなく釣れ続け、この日は初心者も2人乗船していたが、見事にお互い7kg超えのヒラマサをキャッチすることに成功し、気づけば船に備え付けている2つの大型クーラーは満タンに。

『春マサ』狙いジギング 9.2kg頭に船中ヒラマサ乱舞【エル・クルーズ】初挑戦で7㎏オーバー(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

前半はかなり厳しい展開だったが、後半からは常に誰かのサオが曲がっている状態で、終わってみれば大満足な釣行となり午後3時にストップフィッシングとした。

<週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
エル・クルーズ
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。