夜釣りのトリックサビキでアジ25匹にイワシ27匹【豊浜釣り桟橋】

夜釣りのトリックサビキでアジ25匹にイワシ27匹【豊浜釣り桟橋】

3月19日、アジを狙って愛知県・南知多町の豊浜釣り桟橋へ釣行した。トリックサビキで本命アジとイワシを手中にすることができた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 海釣り公園

豊浜釣り桟橋でトリックサビキ

夕マヅメにアジを狙う予定だが、日本海側、太平洋側ともに低気圧が進んできており、夜中から強風が吹くとの予報だった。仕事を終えて釣り桟橋に着いたのは午後8時30分。南東の風が少し吹いているが、釣りをするには全く支障がないほどだ。

いつもなら空きスペースを探すところだが、当日は天候が悪くなる予報のためか、桟橋には15人ほどの釣り人しかいなかった。最先端の風下側の内向きに座を構える。夕マヅメには少し遅い時間からのスタートだが、毎回1投目はワクワクするものだ。

夜釣りのトリックサビキでアジ25匹にイワシ27匹【豊浜釣り桟橋】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘)

今回の仕掛けは前回と違ってカゴを使わず、ハリにアミエビを付けて釣る改良トリックサビキでアジを狙う。トリックサビキの特徴は、1本のハリスに大小2本のハリが付いていること。エサのアミエビを付けやすくしたハリなのだ。

まず準備としては、第一精工のスピード餌付器にアミエビをたっぷり入れる。上バリからアミエビの中を下バリまで通せば、ハリにアミエビが引っ掛かるので投入するだけ。

1投目からアジゲット

仕掛けが着底したらイトフケを取り、置きザオにしてアタリを待つ。この日も1投目からアタリがあった。18cmのマアジを取り込んで幸先いいスタートだ。

夜釣りのトリックサビキでアジ25匹にイワシ27匹【豊浜釣り桟橋】おいしいアジをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘)

2投目を入れて2本目のサオの準備をしている間に、1本目のサオ先がゴンゴンと上下に動いている。急いでサオを持ってリールを巻いて2匹目をキープ。アジの活性がいいようだ。

2本目のサオの準備も終わり、2本のサオ先に注意してアタリを待つ。しばらくすると、2本目のサオ先が動いた。ゴンゴンと引いたのと同時にアワせるとヒット。今度も18cmのアジだ。その後は2本のサオに交互にヒットして数を伸ばす。

上げ潮でイワシの群れ回遊

その間に風は収まり、波も穏やかになって釣りやすくなった。午後9時30分すぎ、干潮の潮止まりになるとアタリが少なくなり、10時にはパタリと止まった。その後、30分くらいアタリが止まっていたが、上げ潮になるとイワシがヒットするようになった。

夜釣りのトリックサビキでアジ25匹にイワシ27匹【豊浜釣り桟橋】悪天候で人が少なかった桟橋(提供:週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘)

イワシは群れで回遊してくるので、1本のサオにヒットすると、もう1本にもヒットする。ダブルヒットとなるので扱いが大変だ。その後もイワシのヒットは続いたが、アジはいなくなった。楽しく釣っているうちに日付が変わったが、やはりアジは釣れない。予報では午前2時ごろから北西の強風になるということで、1時30分に納竿とした。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。