伊勢湾奥『ぶっこみ釣り』で五目達成 春爛漫の釣果に満足【霞埠頭】

伊勢湾奥『ぶっこみ釣り』で五目達成 春爛漫の釣果に満足【霞埠頭】

3月29日、伊勢湾奥の霞埠頭(ウール埠頭)へ「ぶっこみ釣り」に出かけた。友人の釣果と合わせると、カサゴ・ボラ・セイゴ・ソイ・ヒラメと五目釣りを達成できた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・古川竜也)

古川竜也

渓流釣りからロックショアまで、様々な釣りをしています。時期に合った旬な釣り情報をお届けします。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

ウール埠頭でぶっこみ釣り

3月29日、午後3時頃にぶっこみ釣りをしに霞埠頭に向けて出発。途中の「フィッシング遊」でアオイソメ3杯を購入した。午後5時頃に霞釣り公園へ到着すると、5人ほど釣り人がいたため霞釣り公園は諦め、ウール埠頭で竿を出すことにした。

タックルは3.6mの投げ竿にナイロン4号を巻いた3000番のスピニングリールを計5セット用意した。仕掛けはジェット天秤10号に、ハリス3号1m付きマルセイゴ12号を結んだ仕掛けをセットした。

足元に魚の気配

午後6時頃、午後8時の満潮に向かう上げ潮の中で実釣開始。アオイソメを1匹そのまま針に付け、3本は足元へ、2本は20m程沖へ投入した。アタリを取りやすくするために、竿先に鈴とケミホタルを付けてアタリを待つ。

最初の30分間アタリはなかったが、念のためエサがあるかの確認で全ての仕掛けを回収。すると足元に投入していた3本のうち2本のエサが無くなっていた。「魚はいる」と確信。再度エサを付けて投入。

日没後に足元でカサゴ

伊勢湾奥『ぶっこみ釣り』で五目達成 春爛漫の釣果に満足【霞埠頭】カサゴが登場(提供:WEBライター・古川竜也)

すると日没後、足元に投入していた1本にアタリが出た。一呼吸置いてフッキングすると、重量感のある手応え。良型セイゴと思い回収していると、カサゴが顔を見せた。これはこれで煮付けで美味しいため嬉しい。

針を外してクーラーボックスへ入れ、もう一度投入。すると次は沖へ投入した仕掛けにアタリが出た。小さなアタリであったが、一呼吸置いて回収。すると何かがヒット。しかし抜き上げる際に外れてしまった。恐らく小さなセイゴであった。

ルアーで良型ソイ

再度投入しアタリを待つ。その後アタリは途絶えたため、ルアーを気分転換程度で投げているとヒット。ナイスファイトをして上がってきたのは、良型のソイ。ウール埠頭ではなかなかお目にかかれない魚だ。そして満潮の30分前。ここから満潮までが勝負となる。

伊勢湾奥『ぶっこみ釣り』で五目達成 春爛漫の釣果に満足【霞埠頭】ルアーにソイもヒット(提供:WEBライター・古川竜也)

満潮前チャンスタイムにボラ

投げていた仕掛けを一度全て回収。エサをチェックし、再度投入した。すると満潮15分程前にアタリが。小さなアタリであったため、10秒ほど置いて回収。下に突っ込む引きをしながら顔を見せたのは、40cm前後のボラ。普段はあまり食べないが、低水温期のボラは美味しいためキープ。

その後満潮までぶっこみ釣りをしながらルアー釣りをしていたが、ルアーでセイゴ1匹を追加して納竿とした。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。