シーズン終盤のメバリング スナメリ登場で苦戦【長崎・西海橋】

シーズン終盤のメバリング スナメリ登場で苦戦【長崎・西海橋】

2月下旬、当日は上げの中潮。シーズン終盤の長崎県・西海橋付近のナイトメバリングに行きたいと思い長崎に向かった。本命手中もスナメリ登場で納竿に。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

西海橋でナイトメバリング

西海橋は佐世保市と西彼杵半島(西海市)をつなぐ橋として、急流の針尾瀬戸(伊ノ浦瀬戸)に架けられた全長316mの橋で、この激流で育った魚はとてもおいしいので、つい行ってしまうポイントです。

未明から雨が降る予定なので午後8時に到着し、3時間ほど楽しもうと考えながら現地に到着した。

シーズン終盤のメバリング スナメリ登場で苦戦【長崎・西海橋】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

15cmメバルから顔見せ

針尾瀬戸の激流に、サオをフルキャスト。ゆっくりとただ巻きをしていくと、ゴツゴツとアタリがあり、そのままゆっくり巻き続けると、ガツッとジグをくわえたのでフッキング。

上げてくると15cmほどのかわいいサイズのメバル。楽しませてくれてありがとうと、海に優しくリリースしてあげました。

スナメリ登場で・・・

リリースサイズばかりが釣れる中、少し潮が緩んできたと思うと、プシューッと聞き慣れない音がしたかと思ったら、スナメリが5頭、すごい速さで泳いできました。おそらくスズキを補食しているらしく、海面でバシャバシャと楽しそうに泳いでいます。

これ以上は釣りにならないとあきらめて納竿。

今後の展望

今回はリリースサイズばかりで残念でしたが、通常は尺サイズ(30cm)に近いメバルやムラソイ、アイナメなどが釣れる西海橋付近でのメバリング。また機会をみてリベンジしたい。

<週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
西海橋
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。