人生初チニング1投目で奇跡的ヒット 47.3cmクロダイ手中【奥浜名湖】

人生初チニング1投目で奇跡的ヒット 47.3cmクロダイ手中【奥浜名湖】

東海地方もそろそろ桜の開花宣言が発表される時期となった3月22日、久しぶりに風もなく絶好の釣り日和となった。そこで乗っ込みクロダイを狙って奥浜名湖へチニング釣行した。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 立山和良)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

奥浜名湖でチニング初挑戦

今回は時期的には少し早いかと思われたが、奥浜名湖エリアで初のチニング挑戦だ。事前にグーグルマップで調べておいたポイントを、4~5カ所攻めてみるつもりで干潮に近い午前11時ごろ、まずは最初のポイントである静岡県の引佐細江町にある葭本川河口に到着。

人生初チニング1投目で奇跡的ヒット 47.3cmクロダイ手中【奥浜名湖】葭本川河口の様子(提供:週刊つりニュース中部版 立山和良)

ところが思っていたほど濁りもなくスケスケ状態。こんな状況で釣れるのかと不安だったが、せっかく来たので取りあえずキャストしてみることにした。オーシャンルーラーのウィードレスシンカー5gに、ジャッカルのベビードラゴン2inchレッドゴールドフレークをセットして30mほど前方へキャスト。

人生初チニング1投目で奇跡的ヒット 47.3cmクロダイ手中【奥浜名湖】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 立山和良)

まさかの1投目でヒット!

その後、リフト&フォールを3回ほど繰り返していた時、いきなりロッドがギューンと大きく絞り込まれヒット。なんと、チニング初挑戦の1投目にヒットしたから大慌て。水深が2mもないだけにギュンギュンと走り回る。

すぐにリールのドラグを調整して対応。引き具合からしてかなりの良型の予感。しばらくやり取りをして手前に引き寄せてくると、やはり目測50cm近い良型クロダイだ。

ところが、まさか1投目にヒットすると思っていなかったのでネットを用意していなかった。

47.3cm良型クロダイゲット

人生初チニング1投目で奇跡的ヒット 47.3cmクロダイ手中【奥浜名湖】初挑戦1投目でゲット(提供:週刊つりニュース中部版 立山和良)

獲物はすぐ真下に見えるが、どうしようかと考えていた。周囲にアングラーの姿はない。リーダーが12lbだったので、思い切ってラインを持ってゆっくりと堤防上まで手繰り寄せて無事ゲット。早速検寸してみると、47.3cmの魚体もきれいなクロダイだった。

人生初チニング1投目で奇跡的ヒット 47.3cmクロダイ手中【奥浜名湖】ビギナーズラック発揮(提供:週刊つりニュース中部版 立山和良)

都田川河口へ移動

この1匹で、「チニングも意外に面白いんじゃない」と写真に収めた後、リリースして次を狙った。しかし反応はない。堤防上を移動しながらキャストを繰り返したが、その後1時間ほどは全く反応なし。これ以上粘ってもと思い、ポイントを移動することにした。

5分ほど走って都田川河口へ到着。すぐにタックルを持って先端へ向かってキャストを繰り返すが、こちらはラインやワームに海藻が付いて釣りにならない。30分ほどでこのポイントに見切りをつけ、舘山寺方面に向かった。しかし、ここぞと思うポイントを攻めてみたが全く反応がなく、午後3時ごろロッドオフ。

今後の展望

途中、エサ釣りのアングラーがいたので状況を確認。すると40cm弱のクロダイを1匹仕留めており、話を聞くと、「そろそろ乗っ込みのクロダイが釣れるのではと来たが、この1匹だけ。水温が下がったのか、今日は食いが渋かった」とのこと。

当日はまさにビギナーズラック、交通事故的な1匹だったが、奥浜名湖のクロダイはこれからが本番のようだ。次回天候を見ながら再度挑戦したいと思っている。

<週刊つりニュース中部版 立山和良/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
葭本川河口
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年4月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。