東京湾のオフショアアジング解説 2大釣法「バチコン」&「ジグ単」

東京湾のオフショアアジング解説 2大釣法「バチコン」&「ジグ単」

全国的に人気のアジング。東京湾では陸から狙える場所が少なく、船やボートからの釣りがメインだ。バチコンとジグ単それぞれについて解説しよう、

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 野呂昌明)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

「バチコン」と「ジグ単」

アジングは、陸っぱりで楽しむショアスタイルが主流だが、東京湾では、気軽に楽しめるエリアが非常に少ないため、釣り船やプレジャーボートからの狙うオフショアスタイルが主流。この釣りでは、主に「昼間のバチコン」と「夜のジグ単」で、2通りの楽しみがある。

東京湾のオフショアアジング解説 2大釣法「バチコン」&「ジグ単」タックル例(作図:週刊つりニュース関東版 野呂昌明)

バーチカルコンタクト=バチコン

主に、エサ釣り船に同船することが多くなる。水深20m前後のアジを通称「バチコン(バーチカルコンタクト)」スタイルで狙う。

10~30gのシンカーをセットした仕掛け(リグ)で魚の泳層まで一気に落とし込んで誘う。エサ釣りと同船なので、コマセで魚が船の周囲に集まる。狙う水深を間違えなければ釣果は堅い。

リグは、キャロライナリグ、ダウンショットリグ、フリーリグ、逆ダンなどいろいろとあるが、それぞれにメリット、デメリットがあるので、その日の活性や状況に応じて選択をするといい。

東京湾のオフショアアジング解説 2大釣法「バチコン」&「ジグ単」小さなアタリをうまく掛ける(提供:週刊つりニュース関東版 野呂昌明)

ジグヘッド単体=ジグ単

チャーターのガイド船で楽しめる。最近はアジングに対応するボートが増えている。また、専門の乗合船を出しているところもある。夜間はバースや係留船など、常夜灯周辺がポイント。水深は昼間よりも浅く10m前後。

バチコンで狙うのではなく「ジグ単」といわれる、ジグヘッド単体でアプローチするので陸っぱりに近い。使用するジグヘッドは1~3g。これを投げて、10m前後沈めて釣りをするのは非常に難しいがそれだけに奥が深く、「仕留めた」という感覚が強い。

この釣りで大事なアイテムがライン。ナイロンラインやフロロカーボンライン、PEラインなどがあるなか、エステル素材が絶対的に有利。

このメリットは、しなやかかつ低伸縮率。感度が非常にいいのが特徴。逆にラインが切れやすいというのがデメリット。特性を理解すればデメリットが気になることはあまりないはず。

東京湾のオフショアアジング解説 2大釣法「バチコン」&「ジグ単」アタリもはっきりと伝わる(提供:週刊つりニュース関東版 野呂昌明)

次のページでアジングタックルを解説!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。