渓流エサ釣りで20cm超ヤマメ アタリ目視で興奮【福岡・岩岳川】

渓流エサ釣りで20cm超ヤマメ アタリ目視で興奮【福岡・岩岳川】

3月4日、天候は小雨のち曇りで、深夜の午前3時ごろから激しい雨が降り、水の濁りや水温低下が心配になるところですが、福岡県豊前市の岩岳川で、解禁から間もないヤマメを狙って渓流釣りに行ってきました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代 )

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

岩岳川で渓流釣り

岩岳川は釣り券が必要です。事前に行橋市内の釣具店で購入しておきました。本当は夜明け付近から釣り始める予定でしたが、雨が激しく降っていたため、小降りになるまでしばらく待機し、9時ごろから渓流釣りスタート。

渓流エサ釣りで20cm超ヤマメ アタリ目視で興奮【福岡・岩岳川】岩岳川の様子(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代 )

上流移動で20cmヤマメ

まずは足場のいい場所から攻めていきます。ヤマメの姿は見えるものの、目の前にエサを落としても見向きもしてくれません。30分ほど粘りましたが、反応がないので、少し上流に移動することにします。

渓流エサ釣りで20cm超ヤマメ アタリ目視で興奮【福岡・岩岳川】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代 )

岩陰にヤマメの姿を探します。近くにサギがいたので、警戒して出てこないのかと、サギから少し離れた場所に移動し、岩陰に仕掛けを入れていくと、スーッとヤマメが出てきてエサをくわえたので、アワセを入れます。頭上に木の枝がたくさんあるので、サオを寝かせながらゆっくりと上げていくと、きれいなヤマメの姿が見えてきます。サイズもまずまずの20cm超えに、思わずニッコリ。

同ポイントで追釣り

まだヤマメの姿を確認しているので、同じ場所を攻めていきます。しばらくサオを振っていましたが、ヤマメに見切られてしまったため、場所を休ませることにして移動します。

少し下流に降りて、流れの速い場所に仕掛けを入れてみると、小さな違和感に、上げてみるとアブラハヤが5連発で掛かり、移動。

雨で体が冷え、寒くなってきたので、最後に先ほどヤマメの姿を確認した場所に戻り、改めて岩陰に仕掛けを落としていくと、またもやスーッとヤマメが出てきてエサをくわえたので、すぐにアワせます、「乗った」。手応えに思わず顔がほころびます。

渓流エサ釣りで20cm超ヤマメ アタリ目視で興奮【福岡・岩岳川】パーマーク鮮やかな個体をキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代 )

雨で体が冷え、納竿することにしましたが、今回はサイトで魚が釣れる姿が見えるのもまた興奮してしまい、魚との駆け引きにすっかりハマってしまいました。

釣り場近くに公衆トイレなどもたくさんあり、女性でも安心して楽しむことができる岩岳川のヤマメ釣り、オススメです。

<週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
岩岳川
遊漁料:日釣り券500円、年券3000円(県内共通)
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年3月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。