【玄界灘】沖のルアーフィッシング最新情報 乗っ込みマダイが各地で好調

【玄界灘】沖のルアーフィッシング最新情報 乗っ込みマダイが各地で好調

福岡県から沖のルアー釣り最新釣果が届いた。マダイの乗っ込みがスタート!タイラバで6.4kg頭に良型数釣りの釣果が続々。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:昭隆丸)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

幸風

3月7日、福岡市中央区港かもめ広場前から出船している幸風が玄界灘のタイラバ~スロージギングへ行き、マダイと青物にレンコダイ多数の釣果。乗っ込みの大ダイがヒットしており、5kgオーバーなどが釣れる。

【玄界灘】沖のルアーフィッシング最新情報 乗っ込みマダイが各地で好調マダイ&青物ズラリ(提供:幸風)
▼この釣り船について:幸風
【玄界灘】沖のルアーフィッシング最新情報 乗っ込みマダイが各地で好調

3月7日、福岡市中央区港のかもめ広場前のは玄界灘のジギング~キャスティングゲームに出船。朝から場所移動を繰り返し、ポイントを発見。ルアーにかなりの数のバイトやチェイスがあり、良型のヒラマサがヒットする中で、ブリと思わせるほど体格がいいヒラマサ12.3kgを取り込んでいる。船長も「春らしいヒラマサをゲットしていただきました」とコメントしており、これから快進撃が始まっている。ヒラマサが連続ヒットして、良型をさらに数尾船中に取り込まれている。

【玄界灘】沖のルアーフィッシング最新情報 乗っ込みマダイが各地で好調ヒラマサ15kgオーバー(提供:優)
▼この釣り船について

出船場所:中央区港

第一ゆひな丸

「ばっちり乗っ込みマダイが入ってきとーね~」とは福岡市中央区港かもめ広場前から出船している第一ゆひな丸。3月9日、玄界灘のタイラバに行き、6.4kgの大ダイを筆頭にマダイがヒット。最もマダイを数釣り上げた人は4尾キープしており、大型のタカバも釣れている。

【玄界灘】沖のルアーフィッシング最新情報 乗っ込みマダイが各地で好調マダイ6.4kg(提供:第一ゆひな丸)
▼この釣り船について:第一ゆひな丸
【玄界灘】沖のルアーフィッシング最新情報 乗っ込みマダイが各地で好調

海遊丸

玄界灘の乗っ込みマダイが急上昇。福岡市西区姪浜の姪浜能古島渡船場から出船している宮ノ浦の海遊丸で3月9日、タイラバをした新谷さん、松井さんはマダイ、アオナ、レンコダイなどでクーラー8分ほど埋めている。船長は「マダイの型がよかったが数が伸びず、潮変わりでマダイがヒットするがモジモジして食いが浅く、バラシが多数」と話しているが、船中でマダイ5.6kg頭に21尾、アオナ、レンコダイ多数の釣果に。

【玄界灘】沖のルアーフィッシング最新情報 乗っ込みマダイが各地で好調好土産ゲット(提供:海遊丸)
▼この釣り船について
海遊丸
出船場所:姪浜能古島渡船場

昭隆丸

3月7日、大宰府市の藤岡さんは玄界灘のエビラバに福岡市西区姪浜の姪浜漁港から昭隆丸で釣行。序盤はぽつりぽつりとマダイが船中に上がるが、潮変わりで2kgクラスのマダイがよく釣れ始め、バラシも大多数に。レンコダイやアオナも終始釣れ続けてクーラーも満タン。

【玄界灘】沖のルアーフィッシング最新情報 乗っ込みマダイが各地で好調良型マダイお見事(提供:昭隆丸)
▼この釣り船について:昭隆丸
【玄界灘】沖のルアーフィッシング最新情報 乗っ込みマダイが各地で好調

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年3月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。