玄界灘オフショアゲーム満喫 タイラバでアマダイにジギングで青物連発

玄界灘オフショアゲーム満喫 タイラバでアマダイにジギングで青物連発

2月下旬、この日は釣り人4人を乗せて、ヒラマサ狙いのジギングと五目狙いのタイラバ便で出船してきた。当日はジギング・タイラバともに十分な釣果を上げることができた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

玄界灘でジギング&タイラバ五目

当日の午前7時に、拠点となる箱崎漁港(福岡市東区)から出船。まずは比較的近場となるエリアから釣りをスタートするが、魚群探知機には好反応が映しだされるものの、魚からのアタリはなし。近くのポイントをいくつか回ってみたが、同様にヒットはなし。

玄界灘オフショアゲーム満喫 タイラバでアマダイにジギングで青物連発当日のタイラバ・ジギングタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

釣りを開始してからまだ1時間ほどしか経過していなかったが、この日はアマダイを狙いたいという要望もあったので、いったんジギングは休止して、次のポイントに向かう途中にあるタイラバポイントでアマダイを狙ってみることに。

タイラバでアマダイ顔見せ

すると、潮はほぼ動いていない状況ではあったが、すぐにヒット。このポイントは、狙っているアマダイのほかにも、マダイはもちろんのこと、青物に、タカバやアコウなどの根魚、ヒラメなどの釣果実績もある所だったので、マダイや青物以外は何がヒットしたのかは上がってくるまで判断しにくいのだが、海面に浮かび上がってきたのは、なんといきなり狙い通りのアマダイ。

玄界灘オフショアゲーム満喫 タイラバでアマダイにジギングで青物連発人気のアマダイ顔見せ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

正直、そう簡単に釣れるとは思っていなかったので、少々びっくりしたが、無事に本命魚を釣り上げることができて、ホッとひと安心。

この後も、連発とまではいかないが、アマダイを1尾追加したほか、マダイ、アコウ、ヒラメ、ヤズと、多彩な魚がコンスタントにヒット。

ジギングで10kgブリなど青物連釣

そして、お土産を十分に確保することができたところで再びジギングにシフトすると、タイラバの勢いそのままに、すぐにヒラマサがヒット。サイズは決して大きくはないが、4kg程度を連続でキャッチ。

明らかな大型サイズもヒットし、残念ながらラインブレイクしてしまったものの、順調に釣果を伸ばしていく。

玄界灘オフショアゲーム満喫 タイラバでアマダイにジギングで青物連発青物が乱舞(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

その後も各ポイントをテンポよく回っていき、途中、ヤズも連発。アベレージは5~6kg程度だが、どの個体もコンディションは抜群で、この日は全長90cmに対して重さは10kgとなる、丸々としたブリの釣果もだすことができた。

玄界灘オフショアゲーム満喫 タイラバでアマダイにジギングで青物連発ヤズはタイラバ・ジギングともにヒット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

そして、かなり時間に余裕を残していた状態でも、ジギング・タイラバともに十分な釣果を上げることができていたので、最後は再びアマダイ狙いに変更し、アマダイ1尾、アコウ数尾を追加したところでストップフィッシング。午後4時に帰港した。

<週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥/TSURINEWS編>

▼この釣り船ついて
エル・クルーズ
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年3月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。