『みっぴ』がバチコンアジングに挑戦 早速病みつきに【渡辺釣船店】

『みっぴ』がバチコンアジングに挑戦 早速病みつきに【渡辺釣船店】

皆さんこんにちは。秋丸美帆(みっぴ)です。今回はブームの兆しがある「バチコンアジング」にチャレンジ。早速病みつきになっちゃいました。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・秋丸美帆)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

「みっぴ」がバチコンアジングに挑戦

長い冬が終わり、いよいよ新学期を迎えますね。暖冬だったこともあり、季節の境目があまりないように感じました。桜の開花予想が発表されると、脳内では「もうすぐ春ですねっ♪」の曲が再生され始めます。あれ、ちょっと選曲が古かったかな(笑)。皆さんも春の魚にそろそろ恋をするころでしょうか。

『みっぴ』がバチコンアジングに挑戦 早速病みつきに【渡辺釣船店】バチコンアジングタックル(作図:週刊つりニュース関東版 APC・秋丸美帆)

今回は「バチコンアジング」にチャレンジしました。「バチコン」とは「バーチカルコンタクト」の略で、文字通りダウンショットリグを中心に、バーチカルにアジを掛けていく釣り方のことです。

「バチコンアジング」は、映像で見たことがあるくらいだったので、ライトゲームのエキスパート、ダイワフィールドモニターの橋詰大輔さんとご一緒させていただくことになりました。

渡辺釣船店から出船

お世話になった船宿は、東京湾横浜山下橋の渡辺釣船店さん。同宿は午前と午後の2便出船しており、生活スタイルや時間の都合で乗る時間を選べます。私の地元の九州では、このようなスタイルはあまり見かけません。私は午前便に乗船しました。

『みっぴ』がバチコンアジングに挑戦 早速病みつきに【渡辺釣船店】船宿の前で(提供:週刊つりニュース関東版 APC・秋丸美帆)

橋詰さんに仕掛けの作り方や釣り方までレクチャーをしてもらってから出船。ポイントまでは航程約20分です。エサ釣りの人の邪魔にならないように、バチコン組はミヨシで開始。

ケイムラで開始から連発

仕掛けを海底まで落とし、ボトムから2m上までを探ります。「シェイクさせて止め」を繰り返してアタリを待ちます。どれだけの時間「止め」の間をとるかは細かく変わるそうです。誘いは小さくしたり大きくしたりして、その日のヒットパターンを探ります。

使用したワームは、月下美人ソードビーム煌クリア(ケイムラ)。これは、鯛ラバの時にもよく利用しており、抜群の釣果をたたきだしてくれるので、ゲンを担ぐ意味で使用。

『みっぴ』がバチコンアジングに挑戦 早速病みつきに【渡辺釣船店】当日使用したワームの一部(提供:週刊つりニュース関東版 APC・秋丸美帆)

このカラーは当たりだったのか、開始から連発!ボトムでの反応がよかったので、ゼロテンションでアクション。小さなアタリをとっていきます。手に伝わる反応を取って、それを掛けていく釣りは大得意。

バチコンアジングに早々に病みつきになってしまいました。

『みっぴ』がバチコンアジングに挑戦 早速病みつきに【渡辺釣船店】念願の1尾目(提供:週刊つりニュース関東版 APC・秋丸美帆)

カラーチェンジ奏功で連釣

当日の海上はシケ気味で、船の揺れは少しありましたがアタリは明確。新製品のリール「ルビアス」はものすごく軽いので、小さな反応でもガツンと手に伝わってきます。

ワームは、ケイムラの反応が悪くなれば同じくソードビームのレッドグローを使用。アジに飽きさせないカラーチェンジが功を奏したのか、コンスタントに釣れ続けます。

『みっぴ』がバチコンアジングに挑戦 早速病みつきに【渡辺釣船店】揺れるけどしっかりキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・秋丸美帆)

アクション抑えて良型

納竿間近になると、デカアジは少し浮いて、あまりアクションさせない方が食いはよく、最後にようやく30cmに迫る良型を釣ることができました。

橋詰さんは、尺オーバーをキャッチしていましたよ。短時間でこんなにも変化があるゲーム性の高いバチコンアジングが話題になる理由が分かりました。

<週刊つりニュース関東版 APC・秋丸美帆/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:渡辺釣船店
『みっぴ』がバチコンアジングに挑戦 早速病みつきに【渡辺釣船店】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年3月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。