筏カカリ釣りで47cm頭にクロダイ7匹 春シーズンも前倒しか【三重】

筏カカリ釣りで47cm頭にクロダイ7匹 春シーズンも前倒しか【三重】

クロダイかかり釣りは冬から春のシーズンへ。水温が高めに推移した今年の冬は、海水温も例年ほど下がりきらず、クロダイの釣れだしも早いと予想。そこで、三重・鳥羽本浦のやま栄渡船のイカダで竿を出し、潮が緩みだしたタイミングで47cmの良型を筆頭に7匹のクロダイを仕留める事ができた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本直)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

当日の状況

今年は暖冬で、たまに冷え込みが厳しくなると非常に寒く感じるが、例年ならそれが普通なのだろう。海水温も年間で一番低くなる時期だが、結局はあまり下がらずで12度台。これだけ海水温が高めだと、気温にも影響してくるのかもしれない。

また、ちまたではコロナウイルスが日本でも広がっており、自己防衛するしかないが、皆さんも気をつけてほしい。

釣行当日となった2月25日は曇りとの予報だったが、薄曇りで風もなくて、非常に釣りやすい一日だった。

寺浜イカダでクロダイのカカリ釣り

ポイントは寺浜イカダにして、まずはダンゴでポイントを作り、潮が沖に払い出しているのでシンカーを付け、オキアミをさしエサにしてダンゴ釣りからスタートした。

筏カカリ釣りで47cm頭にクロダイ7匹 春シーズンも前倒しか【三重】寺浜イカダ周辺の風景(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本直)

これから春までエサ取りは皆無で、フグがたまにアタる程度。しかし、ダンゴはしっかり打ち返して、アタリがなくても諦めず、チャンスを見逃さないようにしたいところだ。

反応するパターンを探す

潮の速さでシンカーをかえていき、潮が緩んだら外したりと、ラインと潮の角度に気をつける。

できるだけダンゴの近くにさしエサがあるよう心がけ、潮が速ければ潮下で重点的に攻めたりとパターンを変えていき、どのパターンで魚が反応するか、いち早く察知するのが重要なポイントだ。

筏カカリ釣りで47cm頭にクロダイ7匹 春シーズンも前倒しか【三重】当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版APC・橋本直)

潮が緩みだして・・・

やはり、開始からしばらくは全くアタリがないまま時間だけが過ぎていき、潮下でフグがアタる程度。しかし、諦めずにダンゴを打ち返していると、午前10時30分すぎに潮が少し緩みだした時にチャンスはいきなりやってきた。

1尾目から本命クロダイ

コツッとしたわずかなアタリで、集中しているといきなり穂先が力強く押さえ込まれた。しっかりフッキングしてやり取りのスタート。この時期はアタればクロダイの確率が高く、引きからしても間違いなく本命だと確信。

最初の1匹なのでていねいにやり取りして、顔を見せてくれたのは、やはり本命のクロダイ。追加のダンゴを入れてから魚をスカリインした。

潮にシンクロさせて連発

すぐ同じパターンでラインを潮にシンクロさせていくと、コツッとしたアタリから穂先が入り込むセオリー通りのアタリで連発。サイズは同じような大きさで、きれいな銀ピカなので外から入ってきているのだろう。

筏カカリ釣りで47cm頭にクロダイ7匹 春シーズンも前倒しか【三重】外洋から入ってきたのか(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本直)

それから少し間があり、ボケの落とし込みやオキアミのダンゴ釣りで昼までに4匹。潮が込みだしてから少しアタリが遠のいたが、午後3時を過ぎたころからたまにボラがダンゴにアタりだし、ボケの落とし込みで1匹追加した。

当日最長寸47cm浮上

潮の向きがかわり、落ち着いた時にじっくり待っていると、穂先がいきなり突き刺さって40cmオーバー。

同じパターンで待っていると、また穂先が力強く突き刺さるアタリ。今までよりかなりの重量感とパワフル感があり、抵抗が激しい元気な魚だが、慌てずロッドに仕事をさせながら上げたのは、当日最長寸の47cm。

これにてタイムオーバーとなった。

次のページで最終釣果発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。