イカメタルで大型ヤリイカ強引 『オモリグ』で手中【福井・美浜】

イカメタルで大型ヤリイカ強引 『オモリグ』で手中【福井・美浜】

2月20日、福井県・美浜町日向港から出船する遊漁船で、ヤリイカ狙いのイカメタルに挑んだ。当日は半夜便に乗船するので、午後から釣友の杉山さんと一緒に現地に向かった。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

日向沖でイカメタル

福井県・美浜町日向港に午後3時ごろに到着すると、すでに大勢のアングラーでにぎわっている。受付を終えると、満席の乗船者16人で抽選が行われた。私たちはイカメタルなので、左舷ミヨシから2人で並ぶことになった。

船長に釣況を聞くと、「昨夜は潮が速くて苦戦…」と苦笑いで話す。全員がタックルを手に船に乗り込むと、船長から海が荒いからキャビン内に入るよう指示が出た。午後4時に出船。この日も潮が速く、船長は必死で潮の緩いポイントを探す。やがてエンジン音がスローになり、アンカーが下ろされた。

船長から「水深80m、鉛スッテは25号、胴つきは80号です」と案内放送。さらに「潮は速いですがベタ底付近を誘ってください」とのこと。

まだ日は沈まず、薄暮のなかで釣り開始。大きなウネリがあり、ミヨシでの立ち姿勢は厳しい。船長から「7時をすぎたころから時合いです」と案内放送。何も集魚灯が入るまで、慌てることもないだろう。ここで早めの夕食タイムで、ノンビリ過ごした。

予想通り船中でも静かな時間が過ぎていった。やがて強烈な集魚灯が頭上から照らされ、幻想的な雰囲気に。船長からは「右舷でヤリイカが上がりました」。私と杉山さんはベタ底周辺でシェイクし続ける。

35cm級ヤリイカから登場

底から2~3回巻いた瞬間、サオ先が曲がる。「よし、乗せたぞ」と大声で杉山さんに伝えた。ズッシリと重くて強い引き。やがて胴長35cm前後の大型ヤリイカがエギを抱いて浮上した。

杉山さんからも「乗ったよ!」と弾んだ声が聞こえた。やがて2連でヤリイカが浮上してきた。ところが抜き上げ時にモタモタしてラインが緩んでしまい、大型ヤリイカはバレてしまった。メスヤリイカを手に苦笑い。

イカメタルで大型ヤリイカ強引 『オモリグ』で手中【福井・美浜】釣友の杉山さんにメスのヤリイカ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

活性が低いのか、それとも潮が速くてヤリイカの乗りが悪いのか。お互い試行錯誤の連続で、ヤリイカの時合いを待つ。

オモリグで大型ヤリイカ手中!

そして9時30分ごろからプチ時合いに突入。船中でサオが頻繁に曲がり、各アングラーは黙々とヤリイカを仕留めている。

杉山さんのサオも曲がり、「大型ヤリイカの引きだぁ」と笑顔で巻き上げる。しかし杉山さんが仕留めたのはコウイカ。

私はオモリグ仕掛けに変更して、大型ヤリイカを狙う。

イカメタルで大型ヤリイカ強引 『オモリグ』で手中【福井・美浜】オモリグタックル(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

スピニングで前方にキャストし、落とし込みで誘う。ベタ底から5mほど巻き上げると、サオ先が軽く浮く前アタリ。アワせるとサオが突っ込む。引きの強さはハンパない。底付近でヒットしたのでバレないかヒヤヒヤだが、これがたまらない。

イカメタルで大型ヤリイカ強引 『オモリグ』で手中【福井・美浜】オモリグで仕留めた大ヤリイカ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

次のページで最終釣果を発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。