終盤戦の大分沖テンヤタチウオ釣り シビアなタナ取りが重要【釣吉丸】

終盤戦の大分沖テンヤタチウオ釣り シビアなタナ取りが重要【釣吉丸】

2月14日、大分市・家島港の釣吉丸にて、シーズン終盤のテンヤタチウオ釣行に出掛けた。繊細なタナ取りと小さなアタリを取る、集中力が必要な釣りとなった。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

釣吉丸でテンヤタチウオ釣り

2月14日、大分市・家島港の釣吉丸(池田船長)で大分沖のタチウオ釣りに釣行した。メンバーは佐田剛さんと岩倉隆司さんだ。当日は、午前6時30分に出船。釣座を抽選で決め、キャビンで仮眠を取っているとエンジン音がスローになったところで目が覚めた。

終盤戦の大分沖テンヤタチウオ釣り シビアなタナ取りが重要【釣吉丸】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

繊細なアタリを拾う釣り

ポイントに着くと、船長から最初は130mのタナで釣るように指示が出た。仕掛けを落として110mまで誘い上げて釣るがアタリはでない。

これを何度も繰り返す釣りで、助手の宮崎さんから「今のタチウオのアタリは繊細で、サオ先がチョンと下がるか、食い上げでサオ先がピンッと真っすぐになる時にアワせてください」と言われた。サオ先に全神経を使い、サオをあおってリール巻くといった釣り方だ。

誘い上げでタチウオヒット

その誘いを入れていると、誘い上げている時にタチウオがエサに食いついてきたのが分かったので、アワせると掛けた時は重量感がない。しかし、10mも巻き上げればリールが止まるような引きがあり大きさが分かった。なお、今回のエサはコノシロを持ってきたが、同船ではエサも用意してくれているので、それを使ってもよい。

終盤戦の大分沖テンヤタチウオ釣り シビアなタナ取りが重要【釣吉丸】ドラゴン顔見せ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

タナ取りで釣果に差

岩倉さんは「朝からアタリがでない」と言っていたが、私もアドバイスできる状態ではなく、掛かったタナを教えながらの釣りになった。

帰りに考えてみたところ、リールのカウンターが狂っていてタチウオのタナに届いていなかったのでは、と思われる。

終盤戦の大分沖テンヤタチウオ釣り シビアなタナ取りが重要【釣吉丸】ドラゴン級をゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

また、佐田さんも午前中はタチウオが釣れず、仕掛けを落としている時に食ってきた指3本のタチウオが掛かっただけで苦戦していた。しかし、佐田さんは正午をすぎてからタチウオのタナが分かったのか、入れ食いでドラゴン級~指4本級を立て続けに釣っていた。

終盤戦の大分沖テンヤタチウオ釣り シビアなタナ取りが重要【釣吉丸】ドラゴン浮上(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

このタチウオ釣りも後半戦に入ってきているが、同船のブログに予約表が出ているので、それを見て予約をするといいだろう。

終盤戦の大分沖テンヤタチウオ釣り シビアなタナ取りが重要【釣吉丸】こちらも良型(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

<週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:釣吉丸
終盤戦の大分沖テンヤタチウオ釣り シビアなタナ取りが重要【釣吉丸】
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年3月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。