活きイワシの泳がせ釣りでハマチ好釣 カケアガリで連発【忠栄丸】

活きイワシの泳がせ釣りでハマチ好釣 カケアガリで連発【忠栄丸】

最近、海況がよく分からない。一番寒い時期にハマチがたくさん釣れたり、何が原因なのか。モヤモヤしながらの2月14日は午後から雨との予報で、釣りをしている間に雨が降らなければOKだと、南知多町片名港の忠栄丸に泳がせ釣りでの予約を入れた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース APC・大橋浩)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

忠栄丸で泳がせ釣り

当日の午前5時30分から釣り座の抽選があり、私は右舷大ドモに決まり、他の3人は左舷側。定刻の6時30分に出船して、途中でイワシを補充して7時20分ごろに伊良湖沖の流し釣りポイントへ到着した。曇天で微風、波高1.5mのベストコンディション。

船長がベイトの反応を確認するがいまひとつパッとしないようで、トーノ瀬では大型船、ルアー船、プレジャーボートなど大集結しており、ルアー船でハマチやワラサなどが上がるのが見えヤル気モードに入る。「水深34m。底で狙ってください」との合図で一斉投入。親バリは口掛け、トリプルフックは尻掛けにする。

活きイワシの泳がせ釣りでハマチ好釣 カケアガリで連発【忠栄丸】タックル図(作図:週刊つりニュース APC・大橋浩)

カケアガリで順調にハマチヒット

底付近で丁寧に探るもアタリなく、「左舷側でサワラが上がりました」とのアナウンスが入った。私も続けと願うが無反応で、探見丸には底付近でいい反応が出ているが残念。

午前9時ごろに朝のポイントへ移動となり、水深55mで再開した。潮止まりでアタリがなく、午前10時ごろから潮が動きだす。右舷ミヨシでサオを出していた4代目の侑記君がヒラメを釣り上げるのが見え、私にもこいと祈り続ける。このころからトーノ瀬の大集団が移動して来た。

午前10時30分ごろに船長から、「下げ潮が速くなってきています。カケアガリで狙いますので、底ベッタリでは根掛かりしますので、オモリを少し浮かせ気味でアタリが出るのを待ってください」とアドバイスが入る。

探見丸で底のカケアガリがよく分かり、オモリを操作して根掛かり防止に努め、40mまでくると潮上に戻るの繰り返し。1流しで1匹のハマチが上がるようになった。ポツリ、ポツリとの拾い釣りだが退屈せず、アタリを取って釣り上げることができ、時には食い上げもあって楽しむことができていい感じ。

船中クエ浮上

「左舷でクエが上がりました」とのアナウンス。いいなと思っていると私に少しましなアタリがあり、引きも楽しませてくれたのは46cmのハマチ。

昨年の秋からと比べると大きく太くなっており、見るからにうまそうで、刺し身決定だ。

最終釣果

午後1時に沖上がりとなり、私の釣果はハマチ42~46cm7匹、他の釣り人もハマチを同じ程度。左舷ミヨシの人はサワラとクエも上げていた。

夜はハマチの刺し身をたらふくいただき、アラ煮もうまかった。娘にもハマチをお裾分けしたところ、刺し身にチャレンジしてみるとか。次回はヒラメを釣りたい。皆さんも防寒対策を万全にして青物、ヒラメにチャレンジしてほしい。

<週刊つりニュース中部版 APC・大橋浩/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
忠栄丸
出船場所:片名漁協
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年3月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。