【大分&長崎】沖釣り最新釣果 聖地で10kg超え含みヒラマサ船中50尾

【大分&長崎】沖釣り最新釣果 聖地で10kg超え含みヒラマサ船中50尾

長崎&大分の2県から好釣果の知らせが入った。聖地平戸では、10㎏超え含みヒラマサが船中50尾!大分からは40cm超えのカワハギ釣果が登場!

大分県のリアルタイム天気&風波情報

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:幸漁丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

大分県:Soyamaru

二隻体制で出船中。

第一Soyamaru

2月24日、大分県杵築・納屋港の第一Soyamaruは関アジ、関サバに出船。釣り開始からアタリが続き型も良かった。潮が緩むまでダブルヒットやトリプルヒットなどもある状況。船長は「アジは脂がノリノリでおいしい。今日の個体は産卵準備に入っていた」と話している。

【大分&長崎】沖釣り最新釣果 聖地で10kg超え含みヒラマサ船中50尾関アジ関サバが楽しい(提供:第一Soyamaru)

第二Soyamaru

2月20日、大分沖のカワハギ釣りに大分県杵築・納屋港の第二Soyamaruが出船。黒木船長と正二郎さんの3人でカワハギ釣りの釣り場開拓へ行き、黒木船長が釣り上げたのは40cmオーバーの超大型カワハギ。三ヶ尻船長も「初めて見た!」と話すSoyamaru記録サイズ。ポイント開拓は実り大きい結果に。

【大分&長崎】沖釣り最新釣果 聖地で10kg超え含みヒラマサ船中50尾特大カワハギ40cm超え(提供:第二Soyamaru)
▼この釣り船について:Soyamaru
【大分&長崎】沖釣り最新釣果 聖地で10kg超え含みヒラマサ船中50尾

大分県:照陽

2月23日、大分県大分・西細港から大分沖タチウオ釣りに照陽が出船。平均サイズがよく、誘ってコツコツとアタリを取っていく状況に。

【大分&長崎】沖釣り最新釣果 聖地で10kg超え含みヒラマサ船中50尾大型タチウオ揃い踏み(提供:照陽)
▼この釣り船について
照陽
出船場所:西細港

大分県:みくに丸

2月19日、大分県佐賀関・神崎漁港の、みくに丸は大分沖の沖アラカブ釣りに出船。写真の沖アラカブなどが船中に取り込まれた。

【大分&長崎】沖釣り最新釣果 聖地で10kg超え含みヒラマサ船中50尾沖アラカブ頂きだ(提供:みくに丸)
▼この釣り船について
みくに丸
出船場所:神崎漁港

長崎県:勝丸

2月24日、長崎県松浦市鷹島の勝丸は、壱岐水道に電動ジギングで出船した。写真の篠田さんは、見事ブリ12kgの大型を釣り上げ披露してくれた。このほかにも、ブリ11kgや良型ヒラマサもヒットし、ほか乗船者も好釣果をゲット。今後も好土産が有望だ。

【大分&長崎】沖釣り最新釣果 聖地で10kg超え含みヒラマサ船中50尾ブリ12kg顔見せ(提供:勝丸)
▼この釣り船について
勝丸
出船場所:阿翁浦港

長崎県:はつしお

2月19日、長崎県三重港の、はつしおは五島西沖に出船。オナガグロが好調で良型も交えて数ヒットした。ほかにも、マダイや根魚など多彩に釣れ、釣る人はクーラーを埋めている。写真は福岡の酒井さん。サメが発生し、かなり釣り辛いなか多彩な釣果をゲットした。

【大分&長崎】沖釣り最新釣果 聖地で10kg超え含みヒラマサ船中50尾オナガグロ主体に数釣り(提供:はつしお)
▼この釣り船について:はつしお
【大分&長崎】沖釣り最新釣果 聖地で10kg超え含みヒラマサ船中50尾

長崎県:幸漁丸

2月20日、長崎県平戸市早福の幸漁丸は、ジギングで平戸沖に出船した。写真は島原市の松本さん。見事10kgオーバーを釣り上げ、披露してくれた。当日はこの大マサを交え船中50尾と好釣果。ぜひ、ヒラマサの聖地平戸で大型を体感しよう。

【大分&長崎】沖釣り最新釣果 聖地で10kg超え含みヒラマサ船中50尾大マサきた(提供:幸漁丸)
▼この釣り船について
幸漁丸
出船場所:早福港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年3月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。