活きイワシの『泳がせ釣り』で快釣 本命ヒラメにサワラ【昭徳丸】

活きイワシの『泳がせ釣り』で快釣 本命ヒラメにサワラ【昭徳丸】

2月21日、愛知県・南知多町師崎港の昭徳丸に、活きイワシの泳がせ釣りで釣行した。本命の他にもサワラをキャッチすることが出来た。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・長谷真一)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

昭徳丸で泳がせ釣り

季節を問わずに何が釣れるのかが分からない楽しい釣りだが、久しぶりの乗船なので目標は良型のヒラメ1匹とした。当日の自作仕掛けは、ハリス8号60cmと短めで、丸セイゴ17号の親バリにアシストフックを結び、捨てイトは30cm。サオはオモリ負荷30号210cmのシマノの海明で、カワハギ以外はいつもこのサオだ(笑)。

出港前に船長から、「ベイトの反応を見ながらポイントを移動していくので、すぐ投入できるように準備しておいてください」との指示が出る。

出港直後に師崎前で最初の投入となったが、船中でアタリが出ないので伊良湖沖へ移動となる。当日は波や風がなく釣りやすくてありがたい海況だが、潮が動かないという釣りにとっては一番厳しい状況だ。

まず神島北沖の水深60mで投入するも、なかなかアタリは出ない。隣の釣り座の仲さんと「嫌な予感がするね」と笑い合った。

すると、反対側で何回かバラシがあったようで、船長から「早アワセしないでね」とのアナウンス。アタリが少ない日なので、船長からのアドバイスもピンポイントで飛んでくる。

直後、ミヨシで大物が掛かったようで一同注目。しかし、上がったのは1m程度のネコザメ。私に「もたれる」ようなアタリが出るがフックしない。仕掛けを回収すると、どうやらイカの仕業だ。

60cm良型ヒラメをキャッチ

その後、もっと深いポイントに移動してアタリを待つと、午前10時すぎに仲さんがついにヒラメを釣り上げた。ヒラメ専用のサオでアタリをとらえて仕留めるという、ベテランの業は見ていてもほれぼれする。

すると、私にも大きなアタリだ。考える暇もなく瞬時にサオが引き込まれてフックオン。「釣った」ではなく「釣れた」感じだ。

電動リールを中速にして巻き上げるが、ドラグが滑る。いっぱいにドラグを締めて、巻き上げ速度を遅くして対応。何回もの引き込みをサオの粘りでかわしてタモ入れ。なんと60cmの良型ヒラメをゲットしてミッション完了だ。

活きイワシの『泳がせ釣り』で快釣 本命ヒラメにサワラ【昭徳丸】筆者がキャッチしたヒラメ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・長谷真一)

75cmサワラも浮上

その後、仲さんがヒラメを2匹追加するが、私は2回バラシで腕の差が明確。気を取り直して投入すると再びサオが引き込まれ、ヒラメだと思ってゆっくりリールを巻いていると、遠くの釣り座とオマツリしていた。

海面に現れたのはサワラ75cm。サワラを釣るのは初めてだが、大変歯が鋭い魚で、同船者のミチイトを切ってしまい申し訳ないことになった。8号のハリスもボロボロで危ないところだ。

ワラサやマトウダイ交じり多彩

最後には水深99mのポイントでの操業となったが、船中で数匹ヒラメが上がって納竿。当日は皆がヒラメ中心の釣果となったが、他にはワラサやマトウダイ、サワラが釣れていた。

活きイワシの『泳がせ釣り』で快釣 本命ヒラメにサワラ【昭徳丸】同船者の仲さんにはマトウダイもきた(提供:週刊つりニュース中部版 APC・長谷真一)

私は途中で大物を取り逃して未熟さが露呈したが、2匹の良型をゲットして大満足な釣行。今回の釣行で仕掛けの改良点がいろいろ見つかったので、態勢を整え再挑戦したいと思っている。

<週刊つりニュース中部版 APC・長谷真一/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
昭徳丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年3月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。