タイラバゲームで1投目から大ダイ顔見せ【マリブエクスプローラー】

タイラバゲームで1投目から大ダイ顔見せ【マリブエクスプローラー】

シケの合間を縫ってタイラバでマダイ釣りに行ってきました。福岡市中央区福浜出船のマリブエクスプローラーでの釣行です。なんと隣で1頭目から大ダイが!

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・赤堀泉)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

マリブエクスプローラーでタイラバ

久しぶりの出船で心を弾ませながら午前6時に出港しました。マリブエクスプローラーで走ること2時間ほどでポイントに到着。さぁ、釣りタイラバ釣行スタートです。

最近は大型マダイが上がっているとの情報もあり、今日こそは90cmオーバーを釣るぞと気合だけは十分です。

水深は100m程度。オモリは100~150gを付け、最近のアタリカラーであるオレンジ色のネクタイをセットしました。朝方は潮が速く、底を取るのも難しくなかなか苦戦していました。魚探の反応は上々で魚はいるようです。

タイラバゲームで1投目から大ダイ顔見せ【マリブエクスプローラー】タイラバタックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・赤堀泉)

隣で1投目から大ダイ

早速、同船者の男性が1投目からサオをしならせます。なかなか良い引きで上がってきたのは待望の大型マダイ!隣で大ダイを見せつけられ、後に続けと投入します。しかし、なかなか食い気がたちません。

少し潮が緩んだころ、同船者たちがバタバタとサオをしならせ、次々と大ダイをタモへ入れていきます。それを横目に気持ちが高ぶります。

同船者の仕掛けを観察すると、タングステンのオモリを使用したり、カーリーネクタイを使用したりして、皆さまざまな工夫をしています。私も、アタリカラーを見つけたいと、ネクタイの色、スカートの量を調整し、何度もハリを取り換えて巻き速度も低速・中速・高速と変化させ反応を見ました。

船長曰く、潮と同調するその日の速度をいかに早く見つけるかが釣果を上げるコツとのこと。日によっても時間によってもアタリ速度が異なってきます。この日は、どちらかといえば低速に反応があるようです。

同行者にも70cmマダイ

私にもようやくアタリがあり、じっくりと丁寧に巻き上げます。きれいな良型マダイでした。サイズアップを狙います。

すると、私の同行者にもドラグのでる鋭いアタリ。これは期待できます。水深が深いので手巻きリールで時間をかけてゆっくり丁寧に巻き上げます。上がってきたのは立派なきれいな大型マダイです。約70cmでした。

次は、私の番です。良い引きがあり良型のマダイを数尾ゲットしましたが、この日、私は残念ながら大型マダイに出会うことはできませんでした。目標の90cmオーバーは次回へ持ち越しとなりました。

帰港途中でイカメタル

その後、帰港途中にイカメタルを楽しみました。デイイカメタルでは、底を中心に狙います。反応が良いときは、この時期でも入れ食いになるとのことです。

タイラバゲームで1投目から大ダイ顔見せ【マリブエクスプローラー】イカメタル・タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・赤堀泉)

この日は、イカの反応はいまいちでしたが、それでも数尾釣り上げることができ楽しい釣行となりました。

タイラバゲームで1投目から大ダイ顔見せ【マリブエクスプローラー】 イカメタルを楽しんだ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・赤堀泉)

同船者は、大ダイのほかに根魚、マトウダイなど釣っていました。なんでも釣れるタイラバはやっぱり楽しい。しかも簡単だけど奥深いと感じました。

これからどんどん良いシーズンになってきますので、ぜひ皆さんもお出かけください。

<週刊つりニュース西部版 APC・赤堀泉/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
MALIBU EXPLORER
出船場所:福岡市漁業組合伊崎支所
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年3月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。