舞鶴湾サワラジギングが絶好調 ボイル発生で2ケタ釣果も【京都】

舞鶴湾サワラジギングが絶好調 ボイル発生で2ケタ釣果も【京都】

例年厳冬期になると京丹後の青物は春までお休みになるのだが、今年は釣れ続いている。盛期を迎えているのが舞鶴湾のサワラだ。今年も湾口サワラが好調と聞いて、2月15日にジギングで狙ってみた。

京都府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・田中こうじ)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

舞鶴沖でサワラジギング

寒波が去った2月15日、どんよりと曇った天候だが、春を思わせるように暖かい。舞鶴西港にアングラー10人が集結し、午前7時半に出港。ルアー船ENSの船長のプランでは、サワラの様子を見てから白石グリに青物を狙いに行くとのこと。

30分も走らずにポイント到着。水深35mからサワラジギングがスタートした。定番の赤金のジグにトリプルフックを装着し遠投。着底したら斜め引きでジャーク。フォールを入れると効果的だが、サワラにジグを取られる確率が上がる。1流し目はノーバイト。船中でサゴシが2匹上がっただけで移動。

2流し目でサゴシヒット

2流し目、右隣のアングラーにヒット。さらに背中合わせのアングラーは連発させているが、私はかすりもしない。右隣のアングラーは、着底後すぐにヒットさせていたので、ボトムを狙ったがノーバイト。ドテラ流しの潮上で足元にラインが入ってやりにくいので、回収しているとガツンとサゴシがヒット。想像以上に浮いているのか。

サゴシが浮いていると決めつけ、ボトムから5mまでを狙うが、エソの猛攻に遭う。反応はボトムから中層まであるが、ボトムはエソ、中層はスルー。6年ぶりの湾口サワラジギングは苦戦の連続だった。

サワラのスーパーボイル発生

船中ポツポツとサワラを仕留めつつ、ポイント移動。水深65mと深めのポイントでサワラのスーパーボイル。カタクチイワシを飛ばしてサワラが飛び出す。ミヨシからはトップで大型サワラをゲットしていた。

舞鶴湾サワラジギングが絶好調 ボイル発生で2ケタ釣果も【京都】大興奮のサワラボイルが発生(提供:週刊つりニュース中部版 APC・田中こうじ)

飛び道具がないので地道にジギング。ボイルの横でもボトムを取れば、エソとキダイ。これだけ上ずっているとボトムを取る必要もないのに、なぜだかボトムにこだわっていた。

ボトム狙いやめてサワラ連発

回収してくださいの合図で巻いているとヒット。ドラグが滑るので、慎重に仕留めたのは本命サワラ。ボトムを取ったら不利なんだと今さら気づいた・・。

それからは順調にサワラを追加。ラインのカラーを見ながら30m前後を攻める。ドテラでジグが遠ざかればラインの余長を考えて送りながらジャーク。ガッと乗ってドラグが滑る。上げでもフォールでもサワラは乗ってきた。

船中サワラを堪能して沖で青物狙い。先に白石グリに行っていた僚船の情報では、青物は渋いようなので、冠周辺でヒラマサを狙ったが船中ノーバイト。毛島周辺も反応はあるが口は使ってくれなかった。

最終釣果

帰り際にも湾口に立ち寄ったが、朝のようなボイルはなく、サゴシ1匹追加でストップフィッシング。

釣果はサワラ5匹にサゴシ3匹、キダイ1匹。いい人はサワラだけで2ケタで、まさにサワラ祭りだった。

<週刊つりニュース中部版 APC・田中こうじ/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
ルアー船ENS
出船場所:舞鶴市西港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年3月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。