【響灘】タイラバ&ジギング最新釣果 ヒラマサ&ブリなど青物好調継続

【響灘】タイラバ&ジギング最新釣果 ヒラマサ&ブリなど青物好調継続

福岡県は、響灘からタイラバ&ジギングの好釣果情報が届いた。良型マダイ4kg級に、ヒラマサやブリなど青物も引き続き好調の模様!

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:光生丸)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

EBISUYA

北九州市門司・大里港のEBISUYAは、タイラバで響灘に出船。かなり渋い状況だったが、タイラバでマダイ4kgを筆頭に好ヒット。タイラバを丸のみにするほど活性が高く今後も大物が期待大だ。アマダイも順調にヒットしており、今後も好土産が有望。ティップランエギングも出船中。アオリイカ2kg釣る人も。

【響灘】タイラバ&ジギング最新釣果 ヒラマサ&ブリなど青物好調継続タイラバでマダイ4kg交じる(提供:EBISUYA)
▼この釣り船について
EBISUYA
出船場所:大里港

PONTOS・幸雅丸

2月15日、北九州市漁協・若松支所前から響灘に案内中のPONTOS・幸雅丸が響灘に出船。潮が緩く厳しい状況の中、序盤はジギングで探るがなかなか口を使わず、触ってきてもヒットには至らず。そこでタイラバに切り替えると、ブリ6kgやマダイ1.5kgがヒット。その後はアコウ、タカバ、ボッコなどの良型根魚をぽつぽつ追加したようだ。船長は「潮具合によりヒラマサやマダイなどの良型が期待できます」と話す。

【響灘】タイラバ&ジギング最新釣果 ヒラマサ&ブリなど青物好調継続ブリ6kgキャッチ(提供:PONTOS・幸雅丸)
▼この釣り船について:PONTOS・幸雅丸
【響灘】タイラバ&ジギング最新釣果 ヒラマサ&ブリなど青物好調継続

GREEN

2月15日、北九州市小倉北区・高浜港のGREENがジギングで響灘に出船。この日は、終日潮行きが悪かった影響で苦戦したようだが、良型ブリ7kg級やウッカリカサゴなどをキャッチ。船長は「潮次第で好釣りが期待できます」と話している。

【響灘】タイラバ&ジギング最新釣果 ヒラマサ&ブリなど青物好調継続ブリ7kg級きた(提供:GREEN)
▼この釣り船について
GREEN
出船場所:高浜港

Elephant

2月15日、北九州市・小倉港のElephantがジギングで響灘に出船すると、想定したよりも早く風が吹きだし白波も立つといったタフコンディションでの釣りとなったようだが、船中ではヒラマサ4kg3尾、ブリ6kg頭に6尾をキャッチ。海況が落ち着けばさらに釣果は伸びそうだ。

【響灘】タイラバ&ジギング最新釣果 ヒラマサ&ブリなど青物好調継続青物好反応(提供:Elephant)
▼この釣り船について
Elephant
出船場所:小倉港

光生丸

2月14日、北九州市若松区・北湊の光生丸がジギングで響灘に出船すると、やや食いが渋い状況ながらも船中ではヒラマサ6.5kg、6kg、5kgとアタックしてくるのは良型が多かった模様。ブリ~ヤズ、マダイ、アコウなども交じり各魚種特有の引きをを楽しめたようだ。

【響灘】タイラバ&ジギング最新釣果 ヒラマサ&ブリなど青物好調継続ヒラマサ快走!(提供:光生丸)
▼この釣り船について
光生丸
出船場所:北湊泊地

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年2月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。