船でのフラットゲームで70cm寒ビラメに60cmマゴチを手中【愛知】

船でのフラットゲームで70cm寒ビラメに60cmマゴチを手中【愛知】

2月8日、セントレア周辺へ所有する船にて、根魚とマゴチとヒラメを狙いに行ってきた。当日はフラットゲームで良型マゴチに、大型ヒラメと大満足な釣果になった。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・大石剛)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

まずはテトラ帯で穴釣り

午前6時に出港して、暗いうちから釣る予定だったが、出港に手間取り明るくなってからの出港になってしまった。

この日は大潮で、早朝に満潮が重なる。潮が高いので、テトラ帯の穴釣りにはちょうどいい潮加減だ。テトラにボートを着けて釣りをするのは禁止なので、4.5mの磯ザオを使い遠くから攻める。

ブラクリの仕掛けにサンマの切り身を付け、テトラの穴に投入する。スルスルッと仕掛けがテトラの間に入っていくが、アタリは少ない。1時間ほどで、2~3匹のカサゴが釣れただけだ。

フラットゲームへ転戦

潮が下がってきたので、マゴチとヒラメ狙いのフラットゲームに変更。私のタックルはロッドがダイワラテオ63MS、リールはエクセラー2500、ラインはPEライン1号、リーダー12lb、ルアーはジグヘッド20gにエコギアバルト シャッドテール4inchをセットした。

実績ポイントであるセントレア西の、水深5~10mラインを重点的に攻めていく。水温が幾分か下がったので、マゴチ狙いには分が悪そうだと思い、ヒラメをメインに狙う。

ヒラメは海底から上を通過するイワシやアジをベイトとしている。海底からベイトに飛びかかるので、リトリーブレンジは海底から1mほど上を意識する。ただ巻きかストップ&ゴーで、ストップ後ハンドル5回転の繰り返しで探っていく。

60cmマゴチ登場!

するとリトリーブ中に違和感。ゆっくり聞きアワせると乗った。結構いいサイズかと思いながらも、上がってきたのは狙いとは外れたマゴチの60cmだった。

船でのフラットゲームで70cm寒ビラメに60cmマゴチを手中【愛知】大型マゴチをキャッチした(提供:週刊つりニュース中部版 APC・大石剛)

70cmの大型寒ビラメ浮上

この日は寒気が日本列島に流れ込み、気温は日中でも8度ほど。水温は魚探のセンサーでは11度だ。寒さの影響か、なかなかアタリがないまま最後のポイントに向かった。

セントレア誘導灯の横の広瀬に着け、私は操船に徹してタックルを片付けていた。するとミヨシにいた石橋さんに、何かデカい獲物が掛かったようだ。上がってきたのは、デカイヒラメ。メジャーで計ると70cmの寒ビラメだ。体高も十分でうまそうな1匹だ。

船でのフラットゲームで70cm寒ビラメに60cmマゴチを手中【愛知】石橋さんが釣ったヒラメ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・大石剛)

この1匹でメンバーはがぜんやる気を取り戻したが、ここでタイムアウト。

次のページで最終釣果を発表

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。