イワシの回遊求めて子連れでまったり『ちょい投げ』釣り【早川港】

イワシの回遊求めて子連れでまったり『ちょい投げ』釣り【早川港】

2月上旬、神奈川・早川港へ子供を連れてサビキでの小物釣りに出かけた。2週前に同所でイワシなどが回遊しているのを確認していたが、果たして結果はいかに。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

早川港で子連れ小物釣り

9時半、港そばの週刊つりニュース協定・小田原FBCに到着。「コマセを買おう」と思ったが、店主から「イワシは抜けちゃったよ」とのこと。数日前に終日雨が降り、それが影響しているようだ。「ウキ釣りの方がまだ可能性があるよ。チョイ投げならハゼやメゴチが狙えるかも」とアドバイスをもらったので、狙いを切り替えて青イソメを購入。日なたになる港東側で釣り開始。最高気温は12度で風は弱いので、厳寒期でも日なたなら十分に暖かい。

ノベ竿にウキ釣り仕掛けをセットし青イソメエサを装餌して投入。同行した息子は小物竿にチョイ投げ仕掛けを付け、投げて探る。

ウキ釣りでは時折消し込むが、なぜかハリ掛かりしない。ありあわせのチヌバリ2号が大きすぎたのだろうか。飽きない程度にウキが動くのは面白いが、なんともやりきれない。姿が分からないからこそ想像しながら楽しめるのだが。1度途中まで上がってきたとき見えたのはカニだったので、正体はそれかもしれない。

17cmメゴチをキャッチ

結局2時間やっても魚の顔は拝めず、チョイ投げ仕掛けを入れたまま昼食を取っていると、「アタッてるよ」と息子が言う。巻き上げてみると、17cmメゴチ。

イワシの回遊求めて子連れでまったり『ちょい投げ』釣り【早川港】釣れたよ(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

「まだいるかも」と”2匹目のドジョウ”を狙ったがそうはいかず、根掛かりして天ビンを失ってしまったのでチョイ投げは終了。

そこでタックルボックスをあさってでてきたのはオーナーばりの虫ヘッド2号。「これなら」と思って数投すると、いいアタリ。「少しためてから」と思ったのが間違いで、根に潜られて終了。「大物だった」と思いたい…。

釣果のメゴチは刺身で頂く

そんなこんなで15時に終了。貧果のわりにアタリがあったので楽しめた。唯一の釣果のメゴチは、この魚の割に大きかったので、刺し身にした。初めて食べた息子は「甘くてとても美味しい」と言っていた。

同魚は釣りでメインターゲットになることはないが、市場ではあまり見かけない貴重な魚。定置網には入らないし、刺し網で掛かっても小さすぎて売り物にならないからだろう。そう言った意味では、この刺し身は釣り人の特権と言える。

2月も終盤、暖かい陽気が多くなれば、きっとイワシなどサビキで狙える魚も元気になるはず。次回こそコマセ釣りを楽しみたいが、今回のようなこともあるので、天ビン仕掛けやジグヘッド系のアイテムもしっかりそろえて釣行したい。

<週刊つりニュース関東版 青砥一生/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
早川港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年2月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。