渓流解禁!オススメ渓流釣り場!【岐阜県郡上管内】

郡上漁協管内での渓流釣りが解禁となり、2月19日にホームの長良川郡上でサオを出したのでレポートしたい。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

古道川から釣り開始

アマゴ25尾&イワナも。

午前8時に起床。

準備を済ませて家を出ると気温はマイナス6度で、とても釣れる気がしない。

まずは郡上八幡清水釣具店で暖を取りながら大将と釣り談議。

十分温まったところで店を後にしたが、まだ午前9時すぎ。

コンビニで暇つぶしをして、10時半ごろにようやく長良川本流でエサのカワムシを採取する。

カワムシは極小のキンパク、オニチョロを採取。

参考タックル図。

取れるカワムシの量やサイズは例年通りだが、当日は極小サイズを選んで採取。

理由は、低活性のアマゴを確実にハリ掛かりさせるためだ。

向かったのは長良川支流の栗巣川水系で、まずは古道川から釣り始める。

古道川の中流部へ到着。

積雪は50cmほどで気温は相変わらず低いが、風がない分、体感温度は低く感じない。

体中にカイロを張り肩・腰・太もも・足首と万全だ。

気温が低いので、雪の上を歩いて川へ下りられるので助かる。

まずは引船に水を入れて仕掛けをセット。

大岩に身を潜めて、渇水なのでアプローチは慎重に。

エサは極小のキンパクを3号のハリに尻尾から刺し、腹の横からハリを出した。

木の枝に引っ掛からないように振り込み、流芯に乗せて流すが無反応。

オモリを2Bにして流芯脇の緩い流れを「超スロードリフト」で流した。

少しずつ下流へ流れ、目印がスーッとわずかに動く。

しかし、ここでアワせると駄目。

目印が2個ぐらい水中へ引き込まれてからアワせた。

グングンと確かな手応えでサオを絞り、水面を割って飛んできたのは、まだサビが残るかわいらしいヒレピンアマゴ。

16cmほどだろうか。

キープして同じように攻めていくと、16cm前後が多いが順調に釣れる。

栗巣川へ移動

唐草模様のイワナもヒット!
栗巣川中流部の渓相。

15cm以下も釣れるが、もちろん即リリース。

いいサイズがなかなか出ないので、ここで栗巣川へ移動して中流部へ来た。

岩などに身を隠して木化け、石化けで慎重にポイントへ近づく。

足音もできるだけ立てず、抜き足・差し足・忍び足。

流し方は超スロードリフト。

初期は低活性で、速い流れにはついていない。

緩い流れでエサを待つが、追い食いもしないのでアマゴの目の前にエサを運ぶイメージで流す。

アワセは遅アワセで、午後になり活性も上がってきたのか、少しサイズが良くなり20cmも交じるようになってきた。

そして大岩裏の白泡へエサを振り込むと、すぐさま好反応。

しかし、アワせミス。

イワナかな!?エサをイワナの大好物のオニチョロにすると一発で食ってきて、タモに収まったのは唐草模様がきれいなイワナだ。

この後、数尾アマゴを追加して納竿。

結果、ヒレピンアマゴ15~20cm25尾、ヒレピンイワナ1尾となった。

なお、17cm以下の生きていたアマゴはリリースした。

渇水状態なのでやはり一雨待ちといったところ。

ただし、雨が降れば当然雪代が入り水温は低下する。

増水時は雪代の影響が少ない河川を選択すればいいと思う。

<週刊つりニュース中部版 APC・松森渉/TSURINEWS編>

▼この釣具店について
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年3月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。