キャスティングサワラゲームで90cm本命手中【ガイドサービスセブン】

キャスティングサワラゲームで90cm本命手中【ガイドサービスセブン】

1月11日大潮。北九州・小倉から出船のガイドサービスセブンにて、短時間の超浅場SLJでのキャスティングサワラゲームに行ってきました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

超浅場のSLJでサワラ狙い

船長より「今回は面白い釣りをしてみよう」と言われて、午前7時に集合。どんな釣りになるのかドキドキ楽しみにしていると、20~40gの小さいジグを使いサワラを狙ってみると教えてくれました。

釣り場は関門海峡付近から戸畑港と出船して20分ほどで到着。水深は7~13mと超浅場でのスタート。まずは宮崎船長がサワラシューティングの釣り方をレクチャーしてくれました。今回、私はMAKIE40gピンクグローをチョイス。

キャスティングサワラゲームで90cm本命手中【ガイドサービスセブン】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

まずはマダイから登場

フルキャストして表層から中層を高速巻き。反応がなかったら着底からの高速巻きと教えてもらい即実戦。表層で反応がなかったので中層や底も探っていると「きたよ」と宮崎船長の声が聞こえてきます。

「サワラじゃないな、ヤズだな」と、上がってきたのは60cmほどのヤズ。優しくリリースして次を狙っていきます。

私も何か釣りたいとフルキャスト。着底して高速巻きからピタッとストップする誘いを繰り返すと、ストップした瞬間ガツンとアタリ、フッキング。コンコンと叩く引きに「マダイっぽいね」と皆で予想。上がってきたのは予想的中。おいしいサイズが嬉しいですね。

キャスティングサワラゲームで90cm本命手中【ガイドサービスセブン】マダイもお土産に(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

高速巻きで90cm大サワラ

なんとか本命サワラを釣りたいと船長も移動しながら探してくれます。「さあ、ここでやってみようか」と船長に促されてジグをフルキャスト。

高速巻きをしているとガツンと大きなアタリ。かなり船から近い場所だったので、強烈に引いてくれるうえに元気いっぱい。少し強引に寄せてくると本命サワラが顔を出してくれました。

「良いところに掛かってるね」と船長が覗きにきます。サイズも90cmほどとうれしい大物。同船者にもすぐにヒットし無事全員安打を達成できました。

キャスティングサワラゲームで90cm本命手中【ガイドサービスセブン】90cmの大物キャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

サワラの刺身を堪能

今回は短時間コースだったため、11時半納竿でしたが大満足の釣行になりました。ガイドサービスセブンでは血抜きと内臓出しまでしてくれるサービスもあるので、今回サワラは内臓を落としてもらって持って帰りました。

脂が乗っていて刺し身にして炙りで絶品。一夜干しもおいしいので、サワラシューティングに皆さんもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

<週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
ガイドサービスセブン
出船場所:小倉港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年2月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。