子連れ船アジ釣行で本命31尾 娘が48cmギガアジを手中【ともわ丸】

子連れ船アジ釣行で本命31尾 娘が48cmギガアジを手中【ともわ丸】

アジならたくさん釣れるのではないかと思い、1月11日に焼津市小川港のともわ丸の午後便に、娘を連れて乗船した。まさかのギガアジが娘の竿にヒット!

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・鵜沢淳)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ともわ丸の午後便でアジ狙い

午後6時に集合したのは6人。私の釣り座は右舷の真ん中で、その後ろに娘が座った。

軟らかめの船ザオに電動リールをセットし、片テンビンにオモリ100号とコマセカゴをセットする。仕掛けはハリス4号4mの2本バリ。チモトに夜光玉を入れ、10号のマダイバリを結ぶ。

娘は1本バリ。エサとコマセはオキアミを使う。

用意ができて出港となった。港を出ると、風は強いがウネリは小さい。海は前日の雨でちょい濁り、アジ釣りには良さそうだ。

30cmの良型アジから登場

20分ほどでポイントの焼津沖に到着。早速エサを付けて投入する。この日のタナは50m。船長の指示で3m落とし、コマセを振って50mのタナに合わせるようにする。

しばらくアタリはなかったが、徐々にコマセが効いてアジが寄ってくるはずだ。そのためには、コマセは軽く詰め、カゴをギリギリまで締めて少しずつポロポロと出るようにする。

やがて私のサオにアタリがきて、サオを絞り込む。リールの巻き上げスピードをゆっくりにして取り込んだのは30cmの良型アジだ。

娘の竿に48cmギガアジヒット!

さらに娘のサオにもアタリがきた。サオの絞り方がすごくて電動リールが止まる。慌ててタモを持って横で待機する。上がってきたのを無事タモに収めると、なんと当日最大の48cmのギガアジ。これには驚いた。

子連れ船アジ釣行で本命31尾 娘が48cmギガアジを手中【ともわ丸】当日最大の48cmのアジを釣り上げた(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鵜沢淳)

サバ登場でポイント移動

これは時合いと思い、すぐに次を落とす。やはりアタリがきて良型が釣れる。こうなるとコマセはいらない。間髪入れずに仕掛けを落とすと私にも良い引き込み。なんと30cmのマダイだった。

子連れ船アジ釣行で本命31尾 娘が48cmギガアジを手中【ともわ丸】良い引きをみせた30cmのマダイ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鵜沢淳)

だが、大型のサバも回遊してきてオマツリするようになった。サバを避けるため、このポイントを諦めて移動する。またコマセカゴにコマセを詰めて仕切り直しだ。

タチウオも顔見せ

しばらく待つとアタリがきた。今度は少し小さくて20cmほどのアジだ。続いて娘が「タチウオだー」と言いながらタチウオを引き抜いた。

ここで食いが落ち着きアタリが遠くなる。それ以外でも、小型のアジが多いのかエサが半分残ることが増えた。娘は「つまらない」とグチを言う。ここでもサバが回ってきたので移動となった。

ここで良い潮の流れになりアタリが増えた。娘も復活して釣り始めるが「小さい」とぜいたくなグチを言う。それでも25cmほどのアジが入れ食いになり楽しんだ。

最後の流しとなり、私はアジを釣って終了。

次のページで最終釣果を発表!