冬の『ライトロックゲーム』でカサゴ連発 ズル引きがパターン【千葉】

冬の『ライトロックゲーム』でカサゴ連発 ズル引きがパターン【千葉】

1月10日(金)、初釣りで千葉県袖ヶ浦周辺の港湾部へ。手軽に引きが楽しめて、食べても美味しい魚と思い根魚(カサゴ)に狙いを絞りポイントへ向かった。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 千葉・関根勇太)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

袖ヶ浦周辺でライトロックゲーム

釣行当日、千葉県袖ヶ浦周辺の潮は下げ5分ほどのタイミングからスタート。例年寒さが厳しくなる時期に釣れだすターゲットで、釣り方はテキサスリグによるクロー系(エビなどの形をしたワーム)を使用、ボトムを中心に反応を探る。

冬の『ライトロックゲーム』でカサゴ連発 ズル引きがパターン【千葉】当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版 千葉・関根勇太)

開始するとすぐコンッコンッコココっと本命らしい反応。ひと呼吸おいてアワセをいれるが、フッキングしない。久しぶりの反応に安心したものの、上手に掛けることができず、思わず天を仰ぐ。

ズル引きで25cmカサゴをキャッチ

「次こそは」と、再度キャスト、ボトム着底後、ゆっくりと底付近をルアーが離れないようズル引きしてくると、すぐにシグナル。バシッとアワせると、今度はグイッと重みが乗りフッキングに成功。

根に潜られないよう、一気にリールを巻き、新年1尾目のカサゴをキャッチ。サイズは25cmほどの良型。

冬の『ライトロックゲーム』でカサゴ連発 ズル引きがパターン【千葉】良型のカサゴヒット(提供:週刊つりニュース関東版 千葉・関根勇太)

この日は反応がよく、キャスト後すぐに食ってくるが、フッキングしないアタリが多く、苦戦をしいられる。

ワームのカラーや種類を替えたり、誘い方を変えたりと試行錯誤しながら本命との距離を詰めていく。少しずつキャストポイントをズラしてボトムパンプ、またはシェイクを試してみるがダメ。

キャストのたびに反応アリ

ズル引きに変えるとすぐ反応がでたので、この釣法で広範囲に探りを入れると、グイグイとワームに食いつく感覚。アワセを入れると、グイッググッとヒット。

なかなかの引きと重みを感じながら追加。ヒットパターンを見つけてからは、飽きない程度に釣れてくるが、15cmほどの個体ばかり。

それでも寒空の下、キャストごとに反応があり、まさに時合い突入といった感じで8尾ほどキャッチ。

冬の『ライトロックゲーム』でカサゴ連発 ズル引きがパターン【千葉】ワームに食ってきた(提供:週刊つりニュース関東版 千葉・関根勇太)

冬のライトロックゲームがオススメ

食べるぶんだけキープして、潮止まりのタイミングで終了。

今後も期待できそうなライトロックゲーム。手軽に楽しめる釣りなので、初釣りがまだの人やこれから何を釣ろう、と悩んでいる人はぜひチャレンジしてほしい。

夜釣りメインになるので防寒対策は万全に、安全第一で旬の釣りを楽しんでほしい。

<週刊つりニュース関東版 千葉・関根勇太/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
袖ヶ浦海浜公園
場所:千葉県袖ケ浦市
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年1月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。