沖磯フカセで五目釣り 本命クロ不在もシマアジやカワハギなど【米水津】

沖磯フカセで五目釣り 本命クロ不在もシマアジやカワハギなど【米水津】

1月3日、釣り仲間の大村さんと、大分県佐伯市米水津の小浦港から千代丸にて、初釣りとして磯クロ(メジナ)狙いで釣行。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・甲斐英一郎)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

沖磯でクロ狙いフカセ釣り

午前5時の出港で、船は満員の状況。北九州近辺から釣り人が殺到していた。正月であり、とにかく一発の醍醐味(だいごみ)を味わいたいと、ほとんどがクロ狙いフカセ釣りのようであった。

私たち2人とも最近は磯に行っていなかったので、船長に「足場の良い所で」と注文し、釣果は二の次、安全第一でお願いしたところ、港から約20分の所で足場が良くて広い、しかも風裏となる場所へ瀬上がりさせてもらえた。

沖磯フカセで五目釣り 本命クロ不在もシマアジやカワハギなど【米水津】広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・甲斐英一郎)

船長と船スタッフから「渋いで」との声をもらいながらも、ワクワクドキドキしながら磯に降り立った。

日が昇るまで少々の休憩を取る。釣果がどのようになるのか、クロは出るのかと盛り上がる。

当日のタックル&エサ

やがて日の出前になり、釣りの準備に取りかかる。まきエサはオキアミ生1角、ジャンボアミ半角にイワシパワーとグレパワーV9各1袋を混ぜ合わせたもの。つけエサは市販の物と新鮮なむきエビを用意した。

沖磯フカセで五目釣り 本命クロ不在もシマアジやカワハギなど【米水津】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・甲斐英一郎)

本命30cm級クロ

潮の流れは左から右。大村さんが左、私が右に入り、まきエサをまきながら1投目。朝の明けきらない、このマヅメの雰囲気が何とも良い。

2人ともアタリもなく1時間が経過。8時ぐらいに大村さんにアタリがあり、必死にやり取りしている。上がってきたのは30cmに届かないぐらいのクロ。これはいけるかもと期待したが、そこからまた沈黙。

フカセ五目釣りに

8時30分をまわったころ、私にサオ引きのアタリ。待望のクロかと丁寧にやり取りし、上がってきたのはシマアジの30cmオーバー。その後、大村さんはチダイの猛攻に遭い、ブダイ、カワハギと五目釣り。

私はバリの猛攻に遭い、大好きなカワハギも出たが、本命は最後まで姿を現さなかった……。

沖磯フカセで五目釣り 本命クロ不在もシマアジやカワハギなど【米水津】カワハギに喜ぶ筆者(提供:週刊つりニュース西部版 APC・甲斐英一郎)

しかし、バリが多くハリ掛かりして結構大変だったが、面白かった。

シーズン本番に期待

港で船長が釣果を確認していたが、クロの大物を見せている人はいなかった。皆さん厳しかったようだ。しかし今後、シーズン本番に入れば好釣果に期待がもてる。そして、私は釣り場の清掃も忘れないでおく。

今回は1月中旬に行われる釣研の大会を前に、小手調べのため来てみたが、思いのほか苦戦した。しかし土産はあり、妻がカワハギやシマアジをさばいて刺し身で出してくれたので、せめてもの救いになった。

<週刊つりニュース西部版 APC・甲斐英一郎/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
千代丸
出船場所:小浦港
問い合わせ:0972(35)6540、090(1922)7774
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。