身近なターゲット!波止メバルを攻略しよう!【タックル&エサ&仕掛け編】

春告魚といえば、中部地区で最もなじみがあるのは近年不漁が続くコウナゴだろう。だが全国のアングラーに春告魚は?と聞けば間違いなく返ってくる答えはメバルだ。愛らしい目と小気味良い引き、抜群の食味でアングラーを魅力するメバルを、今回は堤防から狙ってみたい。

釣り方編はコチラ

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

性質

メバルカサゴソイなどの根魚と同一に分類されることが多い。

だがいわゆる根魚とは一線を画した全く違う性質を持っている。

障害物や根周りを好むことは間違いないのだが、決してベッタリではなくやや浮き気味で定位していることが多い。

またイワシなどのベイトに着くこともあり、回遊性が強い種もいる。

黒メバルとか金メバルとか青背メバルとか、生物学的には微妙に違う種類らしいが、その種類によってはテリトリー意識が強かったり、回遊性が強かったりするようだ。

また、一般的に夜行性で知られ、日中の釣りより夜釣りの方が圧倒的に有利になる。

日中でも釣れなくはないが、障害物にタイトに着いており、釣りにくい場面が多くなる。

さまざまな釣法

堤防から狙うメバルだが、実はさまざまな釣り方が存在する。

堤防際の探り釣りウキ釣りブッコミ釣りでも狙うことができる。

特にウキ釣りは電子ウキを使った夜釣りがお勧め。

波間にゆらめく赤い灯を見ながら、のんびり楽しめる。

昔ながらの釣法では、渓流ザオなどのノベザオを使ったミャク釣りやウキ釣りなど。

また10m近い長ザオでの日中の胴つき探り釣りなども有名だ。

タックル

最も汎用性が高いものが、軟調子のクロダイザオ磯ザオだろう。

長さは4.5~5mぐらいが使いやすい。

合わせるリールは小型のスピニングリールで、レバーブレーキなどは必要ない。

ノベザオなら、渓流ザオシラハエ用のサオも十分使える。

堤防際の探り釣りなどでは、イカダのクロダイ用の短ザオが使いやすい。

鋭敏で軟らかい穂先はメバルの食い込みの良さに一役買っている。

リールは小型両軸リール。

エサ

ムシエサはアオイソメとイシゴカイが一般的。こちらはアオイソメ。

ルアーでも狙えるメバルは魚食性が強く、マダカ青物と同じ典型的なフィッシュイーターだ。

ただし、ゴカイ類や甲殻類なども好んで食べており、雑食性に近い面も持ち合わせている。

よって使うエサはアオイソメイシゴカイなどのゴカイ類、モエビ(シラサエビ)オキアミなどのエビ類がメーン。

イシゴカイ。

これからの時期、ベイエリアではゴカイの産卵行動であるバチ抜けが多く見られるため、メバルがゴカイ類を偏食している可能性もある。

ゴカイ類は必ず持参したい。

そして忘れてはならないのが、イサザシロウオなどの小魚類。

エビにしろ小魚にしろ、生きたものが手に入れば最高だが、エサ店の入荷状況によっては手に入らないこともある。

そんなときは冷凍で十分だ。

まきエサをするわけではないので、そんなにたくさん買う必要はない。

仕掛け

ウキ釣り。参考タックル図。

メバルは漢字で「目張」と書くほど、体の面積に比べて目が大きい。

目が大きいということは、それだけ目がいいので太いハリスだと極端に食いが落ちる傾向にある。

カサゴなど根魚を狙うときに比べて、より繊細な仕掛けが必要になる。

【ウキ釣り】

まずウキ釣りから。

ミチイトは季節的に風が強い日が多いため、さばきやすいナイロンがお勧めだ。

太さは2号。

水深が浅い釣り場ならウキゴムを通して小型のサルカンを介し、ハリス0.8号を1ヒロほど取る。

ハリはチンタメバルの8~10号ぐらい。

夜釣りが圧倒的に有利になるため、ウキは電子ウキを使う。

水深がある釣り場なら、ウキ止めと遊動ウキを用いて深いタナを探れるようにしておく。

キモは細めのハリスと細軸のハリ。

この釣りでは外道のセイゴが頻繁に掛かってくる。

ミャク釣り。参考タックル図。

時にはマダカクラスもヒットするが、ハリスを太くするとメバルの食いが極端に落ちてしまうので、メバルにこだわるなら細めのハリスを使うようにしよう。

細軸のハリは刺さりの良さはもちろんのこと、生きエサを長持ちさせてくれ、自然な動きを演出できる。

【ミャク釣り】

ミャク釣りはミチイト、ハリスは通しでもいいし、別でもいい。

通しなら0.8号、別ならミチイト1.5号にハリス0.8号といったところだ。

ハリは同じくチンタメバルの8~10号。

ハリ上1mほどのところに状況に応じたオモリを打つ。

取り外しの簡単なゴム張り式がお勧めだ。

重さカミツブシ大々~1号ぐらいまではそろえておきたい。

ブッコミ釣り。参考タックル図。

【ブッコミ釣り】

ブッコミ釣りは、胴つき仕掛けがお勧め。

底より少し浮き気味になっているメバルをイメージして、最下バリとオモリまでの捨てイトはやや長めに取っておく。

やはり細ハリスが有利だが、ブッコミではメバル以外にカサゴやソイなどの根魚もよくヒットする。

これらは一気に底から引き離す必要があるため、ハリスは1~1.2号ぐらいまで上げてもいいだろう。

オモリはやはり状況に応じて、ナス型やツリガネ型の3~8号を使い分けよう。

釣り方編はコチラ

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年3月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。