ノッてるかい?乗ってるよ~!今期絶好調なヤリイカ狙って【島きち丸】

相模湾ヤリイカが好調に釣れているという情報をキャッチ。そこで2月18日(日)に釣行した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

6時30分出船。水深は180m。

底を中心にソフトな誘いで。

約1年ぶりで気分はワクワク。

苦手な釣りだが、新品の11cmプラヅノを購入して臨む。

赤白スッテを下から2番目にセット、オモリは150号を使用。

6時30分に出船。

約40分でポイント到着。

船長は潮回りしながらソナーと魚探の両方で反応を探索。

10分前後で最初の投入合図が出た。

水深180mと深いが、ヤリイカは底中心に遊泳することが多く、いち早くオモリが着底した人から乗ってくることが多い。

残念ながら最初の投入は乗りなし。

次はさらに深い、水深220mを狙う。

美味なヤリイカ!今が旬!

次の流しは水深220mと、さらに深い場所を狙う。

やがて船中ポツポツと乗り始めた。

小さいのはメスで、胴長30cm超がオス。

産卵に向けてメスを追い掛け、良型のオスが城ヶ島西沖に回遊してくる。

この日は大潮直後の中潮で潮が速く、水深もあるのでオマツリが多発。

しかも、ひと流し1投の忙しい釣り。

8時すぎに2点掛けが二度あり、少しずつ桶が埋まっていく。

右隣の武井さん(豊島区)はイカ釣り3回目というが、底を中心にソフトな誘いで15尾。

一方、私はイカ歴十年以上なのに、船中スソの8尾と情けない結果に。

取り込み時のバラシがなければツ抜けだっただけに悔やまれる。

なお、トップは33尾で、別船は47尾だった。

胴長35cmの良型が3尾ほど交じり、小型のメスも軟らかくて刺し身は絶品だった。

新作料理として、ゲソとエンペラを叩いて、生姜と少量のミソでナメロウを作ってみたが、これもコリコリ食感と旨味が凝縮していて、酒のツマミには最高だった。

酷寒の季節だが、美味なヤリイカを食べたい人は今が釣りどき。

防寒対策を万全に釣行しよう。

<神奈川・梅澤克博/TSURINEWS編>

▼この船について
島きち丸
釣り船予約サイト『釣楽』からの予約でお得なポイントをゲット!

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年3月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。