駿河湾の夜タチウオ釣りを図で解説!タックル&釣り方はこう!

静岡駿河湾夜タチウオが絶好調。由比長徳丸では2月8日、15~59尾。3日は午後4時出船便で指2本半~5本級が37~68尾。2番手は51尾で、3人が同数。最大は1.11kgルアーでは15~40尾。2日も20~50尾。2番手が47尾。ルアーマンが50尾。今年に入って渋い日が続いて、海況も落ち着かずなかなかナギに恵まれなかった。しかし東海域で急上昇。まだ港からポイントまで遠いが、徐々に由比寄りでも釣果が出始めている様子。リベンジしたい人はお早めに。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

タックル&エサ付け

由比・長徳丸、2月8日の様子。
参考タックル図。

イラストの通りだが、オモリは船宿に確認を。

ハリス切れ防止のため、チモトにタコベイトワイヤーを付けるのが一般的だが、それを嫌うこともあるので、取り外しできるように対応を。

竿は、コマセマダイ用を使う人が多い。

ライトタックルなら2mのショートタイプで手持ちで狙うのも面白い。

東京湾と違い、エサはサンマの切り身が標準。

先端から縫い刺しにしてハリに付ける。

サバエサと違い、サンマの脂が落ちてデッキが滑りやすくなることがある。

視界が限られる夜間とあって、船内の歩行には十分注意を。

投入~タナ取り

投入は、ハリスが短いのでエサから先に海面に落とす。

ハリスが張ったら、次に天ビンがエサと重ならないように注意して行う。

船長から「40~20m」といった具合でアナウンスがあったら、指示ダナの下限まで仕掛けを沈め、上限までを探る。

指示ダナの下限より下へ仕掛けを下ろすのはダメ。

誘い~アワセ

電動のデッドスローでタナの間を通してくるのが基本。

手巻きでも同様の速度でゆっくりと巻き上げる。

活性が高ければ、東京湾のようなシャクリも効果的。

ただし、低活性の場合は逆効果。

特にカカリ釣りで食いが悪い場合は、一人が派手に誘うだけでほかの人にも影響がでるので避けたい。

タナを探っていると、コツンとかココッとかじるようなアタリがでたら、ここからが勝負所。

アワせ方のパターンは、

【アワせ方のパターンその1】

それまでと同様に巻き上げ続ける。

グッと重みが加わる本アタリがきたら聞きアワせる

【アワせ方のパターンその2】

巻き上げを止めて小刻みに竿先を上下させてエサを動かし、じらすように食わせる。

食い込まない時は、聞くようにゆっくりと竿を上げて食い気を促す。

【アワせ方のパターンその3】

竿を動かさずに食い込みを待つ。

竿先をやや下げて送り込む。

食いが渋いときに有効。

アワセのタイミングは悩むところだが、魚の活性などからその日のタイミングをつかむことが大切。

いずれも場合もびっくりアワセはNG。

掛かったとしても、途中でバレることが多い。

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年2月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。