真冬の投げキス釣り まさかの浅場でピンギス連発【伊東港~熱海港】

真冬の投げキス釣り まさかの浅場でピンギス連発【伊東港~熱海港】

ずいぶん気温は下がったが、水温はまだ 17~18度台を行ったり来たり。海の中は秋の雰囲気だろうか。神奈川湘南の茅ヶ崎海岸では、まだシロギスが浅場で釣れている。季節外れの大釣りになった昨年の冬が再来するのだろうか。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・諸伏健一郎)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

東伊豆方面で投げキス釣り

12月下旬、東伊豆方面へ向かう。冬の釣り場は「水深がある港周りがいい」と思い、R135を進んで、まずは静岡伊東港で竿を出す事に決める。

現地には8時半に到 着。年末の平日の昼間とあって釣り人は少ない。元ファミリーレストラン裏の船揚場に釣り座を構える。

当日のシロギスタックル

真冬の投げキス釣り まさかの浅場でピンギス連発【伊東港~熱海港】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・諸伏健一郎)

本日のタックルは、BXの並継ぎ投げ竿に投げ専用スピニングリールの組み合わせ。ミチイトはPEライン0.8号に、天ビンはL型固定の25号。ハリ5号の4本仕掛けをセットし、エサにはジャリメを用意。

この仕掛けを正面6色の港中央部に投入し、ゆっくり探ってみると、コツコツと何かはアタるが、ハリ掛かりはしない様子。4色まで探ってから巻き上げてみると、エサのタラシの部分だけが食われている。

2投目、3投目と投入点をずらしてみるが、魚は釣れない。1時間半ほどやってみるが、結局、小さなアタリがあっただけ。ここで見切りをつけて、車で大きく移動。

熱海方面へ移動し、ピンギスヒット

来た道を熱海方面に戻る。朝、伊東港へ向かう途中、長浜海岸で本格的なキャスターを見かけていた。その時はあまり気にしなかったが、この状況だとチェックしたほうがよさそう。

車を長浜公園の駐車場へ入れる。人がいたのは道路際の砂浜だったが、そこと同じポイントを狙えて、かつ足場がいい新堤防に釣り座を構える。水深は浅く、本来ならば秋のピンギスポイントになっている場所だが、どうだろうか。

4色からゆっくりサビいてくると、2色でプルッとアタリ。「えっ?」 半信半疑だったが仕掛けに付いていたのはまぎれもないピンギス。やはりここにいたのだ。

ピンギス連続ヒット

急いでエサを付け直して、再投入すると、今度はかなり手前の1色で、連続のアタリ。今度はダブルだ。いくら暖かいとはいえ12月半ば。ピンギスがこんな浅場に残っているとは正直驚く。

その後の投入でも釣れ続けたので、どうやら秋の居残り組が相当数いるようだ。正午まで続け、ハリを飲んだ魚だけキープして次の釣り場へ向かった。

ゲストの猛攻を受ける

次は本命の熱海港。今年は春から不調にあえいでいるが、水深は深く冬場の実績は十分。いつもの750岸壁に釣り座を構える。

このころから正面の北風に変わり、投げても飛距離が出ない。4色くらいだと、エサも取られない。

風が弱くなるのを見計らって、6色に投入をすれば、アタリはあるが、すべて魚が違う。ヒメジ、メゴチ、キタマクラ、ベラとゲストのオンパレメゴチード。魚は釣れるので「いつかはキスが食いつくはず」と、向かい風にめげずに竿を振るが、エサ切れによる納竿まで3時間、キスの顔を見る事はできなかった。

真冬の投げキス釣り まさかの浅場でピンギス連発【伊東港~熱海港】当日の釣果(提供:週刊つりニュース関東版 APC・諸伏健一郎)

結局、当日持ち帰った魚はキス6尾のみ。冬季に可能性がある場所が新規に探せたのでよしとしよう。

<週刊つりニュース関東版 APC・諸伏健一郎/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
熱海港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年1月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。