初挑戦のカマスゲームで脂の乗った30cm級をゲット【大分・臼杵港】

初挑戦のカマスゲームで脂の乗った30cm級をゲット【大分・臼杵港】

12月16日、中潮。私は大分県臼杵市・臼杵港へ、カマスゲームに行った。当日は、サビキ釣りで掛かっている位置を参考に、どうにか脂ノリノリのカマスを手中にできた。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

釣果の安定しているカマスゲーム

ライトゲーム2年目となった昨年はメッキゲームにハマった。そして、秋のメッキが終了したあとは、冬でも比較的釣果の安定しているカマスゲームへ。。初挑戦の釣りであるが、TSURINEWSの釣行記を読んだのでイメージはある程度できていた。

当日はあまり時間が取れず、2時間弱の釣行予定だ。妻からは「そんな短時間で釣れないかもしれないのに面白いの?」と聞かれたが、短時間釣行だからこその面白さ、楽しさがある。初挑戦で釣れたときのうれしさは何とも言えないのだ!
本日は満潮が11時30分ごろのため、潮止まりまで狙う予定だ。

カマスはサビキ釣りが大半

臼杵港の南側となる現地へ到着すると、うれしいことにぽつぽつと上がっていた。しかし、カマス釣りのほとんどがサビキ釣りで、ルアーは私を含めて2人のみ。少し不安になった…

メ午前10時に釣り開始。メッキゲームのような感覚で数投するが、まったくヒットがなかった。サビキ釣りではカマスが釣れているので、よく見てみると、下側のハリによく掛かっていることがわかった。

30cm級のカマスがヒット

そこで、底の方をキープするようにストップ&ゴーで探っていくことにした。すると、ゴーの瞬間にガツーンとヒット。メッキほどの小気味の良い締め込みはないものの、まずまずの重量感ある引き。上がってきたのは30cm級のカマスだ。掛かってくれてありがとう!

それからぽつりぽつりと掛かり始め、重量感のある引きを楽しめた。型も最大で30cmオーバーあり喜んでいたら、常連さんからもっと大きいカマスが釣れることを教わった。次回の楽しみにしたい。

初挑戦のカマスゲームで脂の乗った30cm級をゲット【大分・臼杵港】良型のカマスがヒットした(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

最終釣果

その後、11時30分に予定通り納竿した。釣果はカマス4尾(23~31cm)であった。カマスは刺し身と塩焼きにして食べたが、脂が乗っており、とてもおいしかった。特に刺し身は最高であった。

初挑戦でも手堅い釣果が望めるカマスゲームはおもしろいので、興味のある方はぜひ挑戦していただきたい。

<週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
臼杵港
場所:臼杵市大字板知屋
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。