アラカブ実釣会参加レポート テンヤ仕掛けで良型ハマチも【福岡県】

アラカブ実釣会参加レポート テンヤ仕掛けで良型ハマチも【福岡県】

12月半ば、アラカブ釣りの初心者を集め、関門海峡で実釣会を開催しました。当日お世話になったのは関門RYUSEI 。筆者はサポートとして参加しました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

関門RYUSEIでアラカブ実釣会

関門海峡は出船率が高く、釣り場までの移動時間も短いので、昼には帰港してくれるので負担が少なくて済みます。関門アラカブはこれからがシーズンで数が狙えてエサ付けも簡単ですし、釣りを始めるという人にはぜひ最初に行ってもらいたいです。

午前7時すぎに出船。天気が良く、暖かくてベタナギ。釣りがしやすい日になりそうです。

お世話になったのは、門司港第二船溜の関門RYUSEI です。釣座も広くトイレもあるので、初心者や女性にお勧めです。

当日のアラカブタックル

今回は実釣会なので、仕掛けは私が手作りで用意して皆さんに配りましたが、市販の物では「関門アラカブ爆釣仕掛1本針仕様」が販売されているので、それとオモリを買えばOKです。

タイラバタックルに仕掛けとオモリを付け、船長が用意してくれたアナゴの切り身を付けます。アナゴの切り身はエビに比べてエサ持ちが良く、手が濡れないので寒い日のエサ釣りにはありがたいですね。

アラカブ実釣会参加レポート テンヤ仕掛けで良型ハマチも【福岡県】筆者のタックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

関門橋の下からスタート

最初は関門橋の下からスタートです。船首では、大学生3人が「関門橋の真下だ~!よし、最初に釣るぞ」と興奮ぎみ。釣り経験はほぼなく、遊漁船も初めての3人なんです。

まず底取りから教えます。一緒にサオを動かしながら底にアタる感覚を伝えます。すぐに分かってくれたので、あとは釣るだけ!

7時半、開始早々にヒット連発で「こんなにたくさん釣れるなんて楽しい」と笑顔の大学生たち。全然アタリがないって人もいましたが、船長が「あんまり動かし過ぎない方がいいよ」と教えてくれてすぐに釣れました。また、釣れない時はエダスの長さを変更してみてもいいみたいです。

アラカブ実釣会参加レポート テンヤ仕掛けで良型ハマチも【福岡県】25cmも釣れました(提供:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

アラカブ連続ヒット

当日は中潮で、朝は潮が緩く釣りやすいです。「9時くらいまでがチャンスなので、それまでにたくさん釣ってね~」と船長。

私も休憩中の人のサオを借りて仕掛けを落としてみると、すぐにアタリが!トモの方では船釣り経験者がひとつテンヤをしていました。30cmほどのアラカブも釣れていて出だし好調。

アラカブ実釣会参加レポート テンヤ仕掛けで良型ハマチも【福岡県】筆者も本命をゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

なんと、同船では大物賞があるらしく、対象魚を指定のサイズ以上釣ると乗船料金の割引券がもらえるそうです。ぜひ、チャレンジしに行ってみてください。

50cmクラスのアコウもヒット

9時半、アラカブとは違うアタリがテンヤに!上がってきたのは大きなアコウ。アラカブの何倍もの大きさに、皆が「すげー!デカい!」と歓声。50cm近くあり、「記録更新しました」と聞いて私もうれしくなりました。

アラカブ実釣会参加レポート テンヤ仕掛けで良型ハマチも【福岡県】47cmのアコウ!(提供:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

10時半、またテンヤに大物がヒット!全然ラインが巻けず、船長にアドバイスをもらいながら慎重にファイト。30分もファイトして上がったのは、1mほどのハマチでした。

関門海峡での釣りがオススメ

北九州は工場地帯である一方、関門海峡があってこんなに近場で安く釣りが楽しめることが伝わったかなと思います。初心者にもたくさん魚が釣れて、関門橋を見ながら大型貨物船が通ったり、関門特有のロケーションも魅力的ですね。

アラカブ実釣会参加レポート テンヤ仕掛けで良型ハマチも【福岡県】釣果を前に笑顔で記念撮影(提供:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

関門RYUSEIのひとつテンヤは今回が最後で、これからは春まではアラカブ釣りとアジ泳がせ釣りに出るそうです。

<週刊つりニュース西武版 APC・ヒカリ/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
関門RYUSEI
出船場所:関門海峡
問い合わせ:090(7544)8094
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。